「皇居ランナーの大半は年収700万円」は本当か?

 ’07年に東京マラソンが始まって以降、ようやく落ち着いた感のあるランニングブーム。だが、ここにきて新たな面で注目を集めている。今年3月に発売された『なぜ皇居ランナーの大半は年収700万以上なのか』(山口拓朗/メディアファクトリー新書)によると、ランニングはなんとビジネスにも有効らしいのだ。

皇居ランナー

平日の夕方にもかかわらず皇居には大勢のランナーがいた

 ランニングを習慣的にこなすことで、「主体性」「自己マネジメント能力」「人間関係を良好にする力」などのビジネススキルが身につき、年収アップにつながる。また、雑誌「ランナーズ」が’10年に行ったアンケート調査には、皇居を走る男性の54%が「年収700万円以上」という結果が出ている。

 54%が”大半”にあたるのかどうかはさておき、「皇居ランナーの大半が年収700万円」はここからきているようだ。ランニングにそんな効果があるのか? そして皇居ランナーは本当に高収入なのか? SPA!記者が皇居ランナーに直撃取材を試みた。

 皇居にて。「すみません、年収を教えていただきたいのですが」「……(無視)」。「すみません、年収を教えて……」「……」。いくらランナーに話しかけても相手にしてもらえず、途方に暮れていたところ。親切なランナー(30代・男性)が立ち止まってくれた。

立ち止まってくれた親切なランナー

立ち止まってくれた親切なランナー

「あの、週刊SPA!という雑誌なんですが。『なぜ皇居ランナーの大半は年収700万以上なのか』という本が出ていて、皇居ランナーの年収を聞いているのですが……」。すると、ありがたいことに、「えー年収ですか……700万円には全然届かないですよ」と苦笑しつつ教えてくれた。

 その後、「桜田門前の広場で休憩しているランナーにお願いしたほうが楽」ということに気付いた記者は、立ち止まっているランナーに目標を切りかえ、計50人の皇居ランナーから話を聞くことに成功。

 その結果、なんと50人中15人が「年収700万円以上」。さらに、そのうち5人は「年収1000万円以上」と回答したのだ。”大半”にはほど遠いが、やはり皇居ランナーは高年収が多いといえるだろう。では、「なぜ皇居ランナーは年収が高いのか」。その理由を「年収700万円以上」のランナー自身に尋ねてみた。

 最も多かったのは「皇居周辺は大企業や公官庁があるから」だった。実際、丸の内のオフィスや霞が関の省庁で働いている人に会うこともできた。また、「年収1000万円以上」という男性は以下のような持論を展開してくれた。

高年収ランナーがお目当て

「高年収ランナーがお目当て」という女性も中には……

「ほぼ毎週、浜松から皇居に走りにきています。皇居はわざわざ遠くからでも通いたくなる、走りやすさ日本一のコース。必然的に、時間やお金に余裕のある人が遠方から集まるのではないでしょうか」(50代・男性)

 もはや皇居には丸の内や霞が関の人たちだけでなく、関東一帯の「年収1000万円以上」ランナーが走りに来ているというのだ。

 たしかに皇居ランナーの年収は高いが、それはあくまで(丸の内、霞が関だけでなく)関東近郊含めた多くのランナーが皇居に集まっているだけ。年収アップの手段として、皇居ランを考えている人はその点にだけご留意いただきたい。 <文/日刊SPA!取材班>

なぜ皇居ランナーの大半は年収700万以上なのか

なぜランニングが現代人の福音になるかを総合的に解き明かす初の一冊

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中