「レーシック」で視界良好!のはずが失明の危機に…

自分を変えたい。環境を変えたい。目標を立て、一念発起して挑戦。一時は成果を挙げたと思ったものの、続かなかったり、「何かが違う!」という事態に陥ることも。一体、何がダメだったのか、人々の声を紹介する

◆視界良好!のはずが失明の危機に……<レーシック>

漫画家の堀道 広さん

『耳かき仕事人サミュエル』などで知られる漫画家・堀道広さんも一時失明の危機に

 劇的な視力回復法として定着したレーシック手術には、後遺症や感染症に苦しむ人もごく一部だがいる。漫画家の堀道広さんは、’08~’09年に起こった銀座眼科の集団感染事件の被害者の1人。一時は左目が失明寸前の状態にまで陥った。

「もともと視力が悪くレーシックに興味はありました。その眼科では紹介者へのキャッシュバック制度があり、紹介してくれた知人が家族の看病で苦労していたので、『手助けになれば』と受けることに」

 手術翌日には視力が大きく回復。手術は成功したかに思えたが……。

「2週間ほどで左目に激痛が走るようになり、視界も白く濁った状態に。最初は『焼き鳥工場のバイトで雑菌でも入ったかな』と思っていましたが、後に手術が原因の感染症だとわかったんです」

漫画家の堀道広さん

左目に濁りがある手術1か月後の結婚式での写真。「感動の涙と思われていました」

 堀さんは大学病院の治療で視力が0.3まで回復。裁判では、手術器具を消毒せずに使い回すなど、眼科側の重大な過失が明らかに。

「今思うと嫌な予感はありました。絨毯が敷かれた待合室は病院というよりお酒を飲むクラブのようで、スタッフの制服も黒で悪の軍団風。当時の僕は巨乳の女性従業員を見て『銀座の眼科はすごいな』と圧倒されているだけでしたが……」

 最初期の被害者だったこともあり堀さんは原告代表に。裁判は3年近くを要したが、症状の軽い堀さんは和解金もごくわずかだった。失明の恐怖も味わったレーシック手術だが、「人に相談されたら受けたほうがいいと勧めます」とのこと。

漫画家の堀道広さん

原告代表として記者会見にも出席した堀さん。「裁判の質疑応答では怒った態度を取るのが大変でした」

「きちんとした病院なら感染症は心配ないでしょう。ただ、どんな手術にもリスクは付き物。最後の決断は自己責任だと思います。治療や裁判で損をした分は、いつか漫画にして取り戻したいです」

― [劇的変化]に失敗した人々からの伝言 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中