首相官邸は撮影禁止なのか!? 法的根拠なく任務を実行する警察官の恐怖【鴻上尚史】

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 昔、タンザニアとケニアの国境でもめました。

 三日間、タンザニアを案内してくれたガイドさんと別れる際に、記念に国境で彼の写真を撮った時です。国境といっても、コンクリート作りの平屋の素朴な建物と遮断機のような棒があるだけでした。

 車の横に立つガイドさんを撮った瞬間、いきなり、ケニアの国境警備隊に厳しい顔で詰め寄られました。旅慣れた人だと、こういう迂闊なことはしないのですが、僕は素朴な風景とガイドさんとの別れに油断したのです。これが、物々しい軍事基地だと、もちろん、「あ、これは撮ったらやばいかも」と感じるのですが。

 国境警備隊は、カメラのフィルム一本をそのまま提出しろと言いました(まだフィルムの時代だったのです)。が、それには、アフリカ旅行の思い出が一杯写っています。それは渡したくはありません。

 必死に英語であやまり、「お前の仕事はなんだ?」と聞かれたので「演劇の脚本とか演出」と答え、「それはなんだ?」というので「ドラマでプレイでアクティングだ」と言うと、僕を取り囲んでいた3人のうち1人が「ジャッキー・チェンか!?」と聞きました。

「イエース、イエース、ジャッキー・チェン! アチョー! チョエー!」と、僕はいきなり空手の型を始めました。フィルムを守るためには、なんでもするぞ、という気持ちになっていたのです。

 国境警備隊の3人は笑い、急に雰囲気が和やかになりました。そして、「まあ、しょうがないか。ガイドを撮ったんだからなあ。でも、後ろには国境の風景が写っているんだよ。それはダメなんだから」というようなことをムニャムニャ言いながら許してくれました。

 それ以降、僕は海外で写真を撮る時はいつもこのことを思い出します。

 そして、いきなり、衝撃的な記事をネットで見つけました。

 あるサイトの記者が、国会議事堂の前から、総理官邸に向けてカメラを構えると、「『官邸を写しているのなら、やめてもらえますか』の声。振り向くと、周辺警備の警察官が睨みつけてきた」というのです。

◆この感性が冤罪と自白を生む

官邸 この記者は、30年間、永田町で取材をしているがこんなことは初めてだと書いています。

 断っておきますが、これは昭和10年代の記事ではなく、2015年7月8日の記事です。

 記者は、あきらかに何の法的根拠もないので「話は承った」と答えて撮影を続けると、「カメラを構えている間中、警察官は傍を離れようとしない。それどころか、『ほとんどの人が納得してくれるんですが』と食い下がってくる。どうやら、撮影を制限するという愚行が、常態化しているようだ」。

 つまりは、首相官邸は撮ってはいけないことになっているんですね。何の法的根拠もないままに。

 記者が、どこからの命令なのかと聞けば、「官邸からの指示です」と警官は答えたと言います。

 さらに、「カメラを官邸ではなく『議員会館』に向けて構えてみた。すると別の警察官が『議員会館は撮らせてもいいのか』と無線で尋ねている」と書きます。これ、怖いです。警官は法的根拠を自省することなく、忠実に任務を実行していることにゾッとします。この感性が強引な自白と冤罪を生むと思うのです。

 記者は、取材として官邸に問い合わせたそうです。「どうして、撮影を禁止しているのか?」「その法的根拠はなにか?」と問いかけても、「こちらとしては、警備をお願いしているだけです」という答えをただ繰り返しただけだそうです。中身のあることを言わない政治上のテクニックですね。別の日にまたカメラを構えると、「官邸を撮るな」と警察に言われたそうです。

 記者は書きます。「自由主義社会のどこに、国の代表が執務を行う場所の撮影を制限している国があるのか? 思いつく限りでは、北朝鮮という“ならず者国家”しかない」

 僕達の国はいつのまにかこんな事態になっています。

※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中
<Photo by

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

特定秘密保護法案や生活保護などの社会問題からカルチャー、そして、恋愛についてまで! 鴻上尚史がまなざした、2013年4月から2年間のこの国の変化の記録をまとめた1冊

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中