独り勝ちのマツダ・スカイアクティブDにライバル登場!ボルボの新型ディーゼルは価格も性能もガチンコ

長らく当欄のディーゼル車バトルで絶対王者に君臨してきたマツダのスカイアクティブDに、ついに性能面でも価格面でもガチンコのライバルが登場しました。しかもライバルはトヨタでも日産でもなく、ベンツやBMWでもない。ボルボであります。性能面ではBMW320dを上回り、価格面ではマツダと互角。新たな刺客の登場で、マツダにはさらなる奮起を期待します!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆ディーゼルで独走するマツダのライバルは国産勢ではなくボルボなのでした!

ディーゼルで独走するマツダのライバルは国産勢ではなくボルボなのでした! クルマの連載ってのは、普通はバイヤーズガイドなのだが、なにしろSPA!の読者様は都会のビンボーサラリーマンばかりで、電車にしか乗らず絶対クルマは買わないという。そこで私は苦心の末、クルマの連載をバトルものに仕立てて、なんとか読者様の興味をつなぎとめ、露命もつないでいる。

 今回のバトルは、新たに導入されたボルボのクリーンディーゼルと、我らがマツダのクリーンディーゼルの戦いだ。

 日本市場でもディーゼルのシェアは上昇しているが、その販売の半分以上はマツダが占めている。三菱とトヨタは大型車のみ、日産はディーゼルから撤退。出せば売れそうなのになぜ他社が売らないかというと、クリーンディーゼルは生産コストが高いから。そのコストを抑えて利益を出せるのはマツダのスカイアクティブDだけ。だからマツダの独走になっている。そういう構図である。

ディーゼルで独走するマツダのライバルは国産勢ではなくボルボなのでした!

どちらも気になるレベルではありませんが、ガラガラ音がどっちがうるさいかは運転者の感覚によって違いました。今度のボルボは、かなりやる気満々です

 それに対抗するのはベンツとBMWくらいだったが、ベンツは最低599万円、BMWも売れ筋の3シリーズは506万円からとさすがに高い。手の届きやすいクリーンディーゼルはマツダだけ。だからマツダの独走になっている。

 が、新規導入されたボルボの2リッターディーゼルは300万円台から。V40D4は349万円だ。これと真っ向勝負のマツダ車はアクセラXDの307万円で、価格差は42万円。装備はアクセラのほうが上だが、ガイシャの威光も考えればほぼガチンコか。じゃ性能はどうなのか? ということでバトルなのである。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=919617

ディーゼルで独走するマツダのライバルは国産勢ではなくボルボなのでした!

ディーゼルエンジン特有のガラガラ音を緩和するために、ボルボのエンジンには、上の写真のようにカバーが付いています。念のため、実際に加速や燃費対決をしたのはV40のクロスカントリーモデルのディーゼルです


次ページまずは信号グランプリ

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中