「たった4分」で話題のタバタトレーニング、その健康への効果とは?

「たった4分」で話題のタバタ式トレーニング、その健康への効果とは?

photo by Garsya / PIXTA(ピクスタ)

 立命館大学教授の田畑泉氏が90年代に発表した論文を海外のトレーニングマニアが見つけ、アメリカのフィットネス雑誌で紹介されて以来欧米で「TABATA PROTOCOL」として大ブームになった「タバタ式トレーニング」。英国ではまるで「ビリーズ・ブート・キャンプ」のような形でブームになり、スカーレット・ヨハンソンやキャリー・アンダーウッド、マドンナなどのスターたちも日々のワークアウトに取り入れているという。

 日本にも逆輸入され、ネットを中心に紹介されているが、その幾つかは不正確な情報が横行しているとして田畑氏自らが執筆したのが『究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング』だ。

 端的に言えば、20秒のワークアウトと10秒の休息を1セットとしたものを8セット(6~7でも可)やる、すなわち4分間の運動で持久力の要となる最大酸素摂取量と、瞬発系能力の要となる最大酸素借を向上させるトレーニングだ。

 というと、アスリート用のトレーニングかと思われがちだが、実は一般人の健康増進にも大いに役に立つんだという。

「昔から強度が低い、あるいは中くらいの運動=有酸素性運動を長時間やることが『健康に良い』と言われていました。もちろんそれは今も変わらないのですが、実は最近では『タバタ式トレーニング』のような短時間・高強度・間欠的(間に休息を挟むとういこと)な運動でも同様の効果があることがわかってきたのです」と語るのは「タバタ式トレーニング」の発案者、田畑泉先生。

「例えば、糖尿病の予防や治療にはGLUT4というタンパク質が重要な役割を果たします。このGLUT4は高強度インターバル・トレーニングのほうがより短期間で増加させることができるのです。さらに、大腸がんに繋がる前がん細胞を抑制する機序に関係があるSPARC(スパーク)を発現させるため大腸がん予防にも繋がることがわかってきました」

 だが、そうはいってもタバタ式は強度が高い、というか高い強度でやらないと意味が無いトレーニングだ。

「もちろん個人差はあるでしょうが8セットで疲労困憊する強度が目標です。2セットや3セットやるのは生理学的な見地からも意味がありませんし、それだけできてしまうようでは強度が足りない。こういうトレーニングですから、健康増進目的でやられる方で、すでに高血圧や関節に異常がある人などは前もって医師に相談してからにしたほうがいいでしょう。ただ、糖尿病予防などのためには3セットくらいでもGLUT4は増加するので、まずは少ないセット数でやってもいいと思います。まずは『自分なりに全力で』8セットやることを目標にやってみるといいと思います」

<取材・文/日刊SPA!取材班>

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

逆輸入される際に誤解された点を田畑博士が徹底解説

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中