雑学

有酸素運動では痩せない! ジム初心者がダイエットに失敗する本当の理由

 冬の運動不足により蓄えられてしまった脂肪。たるんだ身体を目にした焦りから、ジムに駆け込み入会する人が増える季節である。だが、ジムに通ったからといってそう簡単に痩せるものではない。

有酸素運動では痩せない! スポーツジム初心者がダイエットに失敗する理由をプロが解説 痩せるため、筋肉量を増やすことはダイエットの第一条件。体内カロリー消費の70%を占める基礎代謝量を上げるには筋肉量を上げるのが一番の近道だ。筋肉が増えれば、じっとしていたり寝ていたりの状態でも、多くのカロリーを消費し体脂肪を燃やす痩せ体質の身体になる。しかし、スポーツジムに蔓延する“ジムあるある”こそが、ダイエット挑戦の邪魔となる。

 自身が30kgのダイエットに成功し、トレーニングジムとエステティックが融合した男のやせる専門店「ダイエットセンター by DANDY HOUSE」を立ち上げた新田竜司氏は、ジム初心者が陥りがちなダイエット失敗の典型例を説明する。

「スポーツジムには筋トレ、マシン、有酸素といった3つのエリアがあります。いろんな客層がいるなか、痩せるためのダイエットでは筋トレエリアが一番重要なわけです。だけど、そこにいるのはムキムキの男性ばかりで、とにかく近寄りづらい。すごいオーラを放っているので、つい初心者は『使っちゃいけないのかな、邪魔しちゃダメなのかな』と思って、筋トレ以外のエリアへ行ってしまう。でも、ダイエットをするんだったら、本当はそこに行かないとダメなんです」(新田氏)

「有酸素運動」は筋肉を落とし、基礎代謝を下げる


 こうして、スポーツジム初心者はランニングマシンなどがある有酸素エリアに流れ着く。しかし残念ながら、有酸素運動は筋肉が増える運動ではない。

「有酸素エリアでは太った人たちが汗をかきながら、一生懸命ウォーキングしたり走ったりしている。そこにいる人たちは、いくらやっても痩せないんです。

 まず単純に、カロリーの問題がありますよね。例えば、ウォーキングやジョギングで1日1時間ほど走って、それを1か月間続けたとします。これでだいたい消費するカロリーは1kgくらいになる。じゃあ10kg痩せたかったら、10か月かと言うとそうではなくて、だんだん身体の心肺機能が上達してくるんです。だから今まで1キロ落とせたのに、次の1か月は900g、さらに次の1カ月は800gと、だんだん消費しなくなってくるんです」

次のページ 
知られていない有酸素運動のデメリット

1
2





おすすめ記事