マネー

家電屋の閉店セールを狙い、ネット転売で50万円の儲けに

 今や「副業」はサラリーマンにとって切っても切れない処世術。とくに、転売はアプリなどインフラの充実によって気軽に参入できるようになった。だからこそ、差をつけて確実に売りたい。月に10万円以上稼ぎ出す賢者たちにそのコツを聞いた。

狙いは、家電、おもちゃ、ジーンズの“人気商品”

――閉店セール狙い【月の儲け:50万円】

仕入れ

これだけ大量に仕入れても1週間以内にすべて売り切るという。ただし移動の車や、部屋にもスペースが必要だ

 転売歴8年目の小山伸晃さん(仮名)の仕入れ先は、閉店セール。

「毎日ネットで情報収集し、閉店セールがあれば初日の朝一番には店に着いてドッサリ仕入れます。場所によっては、前の晩に車で出発し近くのビジネスホテルに宿泊。それでも余裕で元が取れます」

 ジャンルは、衣料品、おもちゃ、家電製品など。仕入れたら、買ったその日に写真を撮り、ヤフオクに出品。特に家電は季節違いでない限り、新商品が出て値が下がる前に売り切るようにしている。

「最初はジーンズやおもちゃから始め、元手が増えてきてから家電も買うように。リーバイスなどのデニムは季節を問わずどんなに安くても仕入れ値の1.5倍で売れるんです。でも利益率が一番いいのは家電ですかね。最近では、個人電器屋の閉店セールでテレビからブルーレイレコーダー、デジカメなど10商品を総額50万円で仕入れ、その2倍の100万円で転売。50万円も儲けましたから」

次のページ 
売れる商品の基準

1
2




おすすめ記事