エンタメ

朝ドラ『とと姉ちゃん』次女の相楽樹が“恐怖体験”を告白「不審者にグーで背中をパンチされた…」

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の次女・鞠子役を好演している女優・相楽樹が21日、都内で行われた映画『スリリングな日常』(6月25日から渋谷・ユーロスペースにて)完成披露試写会の舞台挨拶に登壇。映画のタイトルにちなんだ”スリリング体験”を告白し、会場は騒然となった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1098055

映画『スリリングな日常』

(写真左から)金子ノブアキ、落合モトキ、相楽樹、加藤葵、藤田富、豊島圭介監督、熊坂出監督

 “スリリングな日常”について、実体験を聞かれた相楽は「うちの周りに不審者が多くて、夜中にずっと家の周りをうろついている人がいる」と驚きの告白。

 中学時代には、部活帰りに不審者につけられ、赤信号直前で走って横断歩道を渡って逃げたこともあると話し、「でも、相手は自転車だったので追いかけてきてグーで背中をパンチされて逃げていった。怖くて涙が止まらなかったです」と自身の経験を振り返った。これには事務所の先輩である金子ノブアキも「それ、事件だよ! こえーよ…」と驚いていた。

映画『スリリングな日常』

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』出演で、今後の飛躍が期待される女優・相楽樹

 続けて相楽は「向こうに行ったと思ったらまた戻ってきて、いつどうやって逃げようか考えていたのがスリリングでした。何事もなかったから笑い話だけど…」とニッコリ。こうした恐怖体験を笑顔で語ってしまう相楽樹には、大器の予感すら感じさせられた。

次のページ 
金子ノブアキのスリリングな出来事

1
2




おすすめ記事