エンタメ

安田大サーカス・クロちゃん「騙されすぎて日常との区別がつかなくなった」日々を語る

 そのいかついルックスと、ハイトーンボイスとのギャップでおなじみの安田大サーカスのクロちゃん。そんなクロちゃんが、今、テレビのどっきり番組で引っ張りだこだという。

 昨月も9日の『オール芸人お笑い謝肉祭’16秋』、15日の『ドッキリさせちゃうぞGP』など民放各局のどっきり企画に引っ張りだこ。そして、ついに先日、自身が出演するどっきり企画を集めたDVD『水曜日のダウンタウン第4巻 クロちゃんSP』が発売。

 そんな予想外のブレイクを果たしている、クロちゃんを直撃した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1231963

クロちゃん

安田大サーカス、クロちゃん

――よくどっきり番組に出演されていますが、ここまで呼ばれる理由は?

クロちゃん: やっぱり、きっかけとしては『水曜日のダウンタウン』のどっきり企画ですかね。目隠しされて連れて行かれたり、GPS仕込まれたり、いろいろ体験させられました。営業でどこ行っても聞かれますもん。今日は『水曜日のダウンタウン』(のスタッフ)はいないのって。

――特に反響があった企画は?

クロちゃん:「SNSを張り込んでいれば芸能人に会える説」(※番組スタッフが芸能人のツイッターなどから居場所を特定、突撃する企画)のときは、オンエア後、ツイッターのフォロワー数が2万人以上増えました。反響があって、最初は純粋に「やったー!」って思ったんですが、よくよく考えたら、みんな僕を監視してるだけなんです。

 たとえば、僕が「お昼ごはん、おいしー」とか、ちょっとでもつぶやくと、「それは、どこどこのあの店ですね」って場所特定してくるんですよ、ツイッター探偵が。もうたまったもんじゃないですよ(笑)。

――そもそも「安田大サーカス」結成時からどっきりオファーがあった?

クロちゃん:いや、それはなかったです。もともと僕は他人の言うことを聞かないタイプでしたから。

 安田大サーカスでも、団長のほうが芸歴も長いのに「芸歴長いほうがエライんすか」って。ネタでスベっても「団長の指示通りしたら、スベりましたけど」とか、けっこう平気で突っかかってました。

 でもそのうち、団長もこれじゃいけないと気づいたらしく、鉄拳制裁ですよね。昔ながらの、まさにサーカスでムチ打つような(笑)。

次のページ 
「寒空の下、アイマスク状態で1時間放置」も苦じゃない!?

1
2
3
水曜日のダウンタウン4

シリーズ4作目はクロちゃんSP


水曜日のダウンタウン5

ダウンタウンのトーク&情報エンタテインメント番組第5巻




おすすめ記事