雑学

地方の鉄道会社で「新型車両」が続々デビューしている理由

一畑電車

かつての一畑電車

 中小規模の鉄道会社で今、新型車両が続々とデビュ―している。

 鉄道車両の値段は新車で1車両1億円以上。そのため、資金力のない地方の鉄道会社は、大手私鉄やJRの中古車両を格安で購入して走らせていた。

 ところが、島根県の一畑電車では、86年ぶりにオリジナルの新型電車を製造した。静岡県の静岡鉄道では43年ぶりに新車がデビュー。さらに、今春、新潟県のえちごトキめき鉄道は、リゾート列車を新造した。

 なぜ、彼らは新型車両を造るのだろうか?

「地方の鉄道会社が『欲しい』と思う車両が、大手私鉄やJRから姿を消してしまったんです」と語るのは鉄道ライターの小佐野カゲトシ氏。でも、それって一体どういうこと?

次のページ 
大都市と地方では、求められる車両の形が違う

1
2
京浜急行スゴすぎ謎学

ユニークな鉄道会社として鉄道ファンに名高い「京浜急行」。その独特な運行形態から車両や駅、沿線の名所まで、魅力を解き明かす!




おすすめ記事