雑学

胃潰瘍で亡くなった夏目漱石…その病弱だった人生を振り返る

― まり先生の歴史診察室 ―
忍者とメガネをこよなく愛する歴女内科医・馬渕まりが、偉人たちを歴史的状況から診察し医学に基づいてまじめに論じる!

●今回のテーマは「夏目漱石と胃潰瘍」

夏目漱石 小さい頃、愛媛に住んでた馬ちゃん先生です。給食にポンジュース出てましたよ。

 それはさておき、今回の患者さんは松山にゆかりのある文豪……といえば、そうです、夏目漱石さんです。

天然痘に虫垂炎、トラコーマ……と既往歴がパンパン


 漱石は明治維新の前年、1867年の江戸生まれ。3歳時に天然痘にかかり痘痕(あばた)が顔に残りました。

 出だしからヘビーですよね……。漱石の写真は左向きで右頬を隠したポーズが有名ですが、実はこれ痘痕を隠しているため。お見合い写真でも、その部分を修正するなど、かなり気にしていた模様です。

 病弱だった漱石は、大学予備門に在学中、虫垂炎のため試験を受けられず留年。この頃、トラコーム(伝染性の角膜炎)にもかかっています。

 その後、東京帝国大学を卒業し、高等師範学校の英語教師となりましたが、そこで肺結核を発症、さらに近親者の死も重なり神経質衰弱となります。

 いったん、ここまでの病歴をマトメてみましょう。

●既往歴
3歳…天然痘
19歳頃…虫垂炎、トラコーマ
25歳頃…肺結核、神経衰弱

 現代より栄養状態の良くなかった当時にしても、なかなか病弱な方だと思われます。てなわけで、話を進めましょう。

次のページ 
飼い主の珍野苦沙弥は、まんま漱石さんです

1
2
3
4
戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

現代医学の観点から、戦国時代の武将の生活習慣や医療環境などを見つめなおしたショートエッセイ集


吾輩は猫である

痛烈・愉快な文明批評の古典的快作




おすすめ記事