雑学

なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか?

東京 「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。

「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」

 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。

「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。ファストファッションやファストフード、LCCなどが台頭し、安価で品質の良いサービスが溢れているからです。加えて、モノに対する価値観も大きく変わってきています」

次のページ 
大きなきっかけはSNSの登場

1
2
若者は本当にお金がないのか?

統計のプロフェッショナルによる画期的な現代若者論




おすすめ記事