恋愛・結婚

40代でも合コンで女子に“チヤホヤされる”テクニック

若い頃は仕事をすればそれなりに評価され、気軽に飲みに誘ってくれる友人や女友達もいた。しかし、40歳を過ぎてからというもの、昔ほど人が寄ってこない! それはいわば中年になった証しでもあるが、まだまだチヤホヤされたい気持ちもある。というわけで、「簡単に人気者になれる秘訣」を大公開する!

共感やホメ中心の相槌で女子を持ち上げまくれ!


合コン「どこでチヤホヤされたいですか?」という40代の200人を対象にしたアンケートで、「どこでもいいから若い女性に」が3割を超える結果になるほど、いくつになっても若い女子からのチヤホヤ欲求は尽きない。では、40代になるとお声がかからなくなり始める合コンで人気者になるにはどうすべきか。

「合コンに参加する40代は、自慢話や仕事の話ばかりで女子にドン引きされる人が目立ちます。チヤホヤされたければ、己のアピールよりも女子をチヤホヤしてあげるのが鉄則なのです」とは、合コン参加2000回を誇る“合コンのプロ”のアモーレ石上氏だ。

「最初の自己紹介は、相手が質問したくなるようなキーワードを交えて30秒にまとめる。以降は聞き役に徹して、相手の話に共通点や共感ポイントを挙げて積極的にホメましょう」

 初対面の相手にそこまで攻められないという人は次のことを意識すれば質問力が上がる。

「『衣・食・住・遊・学・人・健・仕・家』の9つのテーマから質問のボールを投げていけばいい。必ず会話が盛り上がるポイントが見つかるはず。相手へガンガン興味を示すことで、女性は『話しすぎちゃった』と満たされ、男性への興味にシフトする。『そういえば水球部にいたんですよね』など、自己紹介での一言が初めて生かされる。それでも男の話しすぎはNG。会話の支配率は女性8割を目指してください」

次のページ 
話し方にも注意が必要!

1
2





おすすめ記事