恋愛・結婚

最も“出会いスポット”と化している「飲み屋横丁」はどこ?【西麻布vs恵比寿vs六本木】

 春は出会いの季節――。この季節になると毎年このフレーズを耳にするが、今年も「発情した男女」が出会いを貪りあっているという。では、発情女子はどこに生息しているのか? 周辺取材をしてみると、「この季節は、とくに飲み屋横丁っしょ~♪」と熱く語る男女が続出。ナンパ師の案内に導かれ、東京で人気沸騰中の「飲み屋横丁」に潜入取材を試みた!

 小さな飲み屋がひしめき合い、隣席の男女が交流しやすいことから出会いの場として定着した「飲み屋横丁」。次々に生まれる横丁のなかでも最適解はどこなのか、調査員の2人が向かった。

 まず訪れたのはドラマ『東京タラレバ娘』のロケ地に使われ、婚活女子も多く訪れると噂される西麻布「星条旗横丁」だ。しかし、4月頭の平日夜、小雨が降るなど悪条件だったためか、発情女どころか店は閑古鳥が鳴いていた……。

星条旗横丁

星条旗横丁は西麻布交差点から徒歩7分ほど。場所が少々わかりづらいせいか、平日夜は男すら飲んでないほど閑古鳥が鳴く

「週末は満員。出会った男女が1~2杯飲んで近隣の六本木、麻布のクラブに流れるんすけど……」

 とは薄暗い顔した店員の話。一時間待っても女性客は来ないため、次に“都内最大の出会い横丁”といわれる「恵比寿横丁」に移動することに。

 すると取材班は驚愕した。同じ天候条件なのに、こちらは若い男女ですし詰め状態ではないか。席に座れない男女によって通路でナンパ合戦を行われるほどだ。

 ただし、男のライバルが多く、ナンパ師ですら苦戦するほど。店によって「ナンパ禁止」の貼り紙もあるので注意が必要だ。それでも出会いに飢えた女子が真空パックされたような場所だけに、店を移動しながら声を掛け続けアラサーOL2人組の番号をゲットした。

恵比寿横丁

恵比寿横丁では初対面風の男女が泥酔し、イチャつきはじめていた……

次のページ 
最後は「六本木横丁」

1
2
週刊SPA!4/25号(4/18発売)

表紙の人/ 吉岡里帆

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事