エンタメ

ゲイでもレズでもない「男の娘」同士の恋愛を、なんと呼べばいい?【カリスマ男の娘・大島薫】

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

大島薫

大島薫(右)と恋人のミシェルさん

 先日、男の娘の彼女ができたことを公表した。

 ミシェルというハーフの男の娘と、ボクが知り合ったのは4か月ほど前だ。正直、いま交際している相手の公表は、ただの思い付きというわけではない。

 彼女は数日前までボクが以前いたのと同じAV業界にいた。ボクは現在、知人の出版社と事務所をシェアしているのだが、その知人の雑誌に彼女が出演する際、初めて彼女を見かけたのが最初の出会いだった。

 それより前からボクは彼女の存在を知っていたのだが、とんと会う機会には恵まれなかった。ボクが専属女優だったKMPというAVメーカーに、ボクが引退すると同時に専属女優となったため、AV業界を離れてからは接点がなかったのだ。

 初めて見る彼女は男の娘とは思えないかわいさで、しかし、なまじ男の娘というジャンルで名を上げてきたボクが騒ぐのもカッコ悪い。だから、黙って事務所のリビングでタバコを吹かしていた。

 すると、彼女が歩み寄って来てこう言った。

「ファンです」

 ボクはこう返した。

「ボクもです」

大島薫は自ら「理想の男の娘」像を体現して始まった


 それから、度々2人で会うようになったのだが、会うごとに彼女の魅力に触れるに連れ、ボクは「このコのために生きよう」と考えるようになった。

 大島薫という活動を始めて、早4年。ボクの人生はこの活動がすべてだった。男の娘というものに中学生のころから興味を持ち、理想の男の娘を三次元で探し求めていたものの、そういった存在に出会った試しがない。だから、自分自らが「理想の男の娘」を体現しようと生まれたのが「大島薫」だ。

 この曖昧な性を世間に広めるために、できることはなんでもやってきた。SNSのフォロワー数を増やすため、バズりそうな文言を考え、小さな交友関係も利用して仕事に繋げ、遊びや恋愛にかまけて活動を疎かにしているアイドルやアーティストをバカにして生きていた。だからこそ、AV業界を辞めた後も孤独に独りでやってこれたのだとも思う。

 だが、このコと出会って、そんな考えは吹き飛んでしまった。ボクは幸せでなくともいい、彼女だけが幸せであって欲しいと思える「理想の男の娘」に出会えたのだ。だから、ボクはこのコと付き合っていることを公表してもいいと考えるに至った。

 この先、何かが2人を分かつとしても、彼女がボクの人生の1ページに存在していて欲しいのだ。

次のページ 
前例が少ないので誰かを参考にすることもできない

1
2




おすすめ記事