雑学

歌舞伎町早朝5時の無法地帯! 区役所通りに出現した“黒人ヤミ市”の正体

黒人ヤミ市 仙頭正教です。アジア一の繁華街、新宿歌舞伎町のガイド人をやっています。

 ガイドといっても、私の場合、歌舞伎町の立ちんぼスポットからボッタクリ客引き、心霊ビルまで、町の“怪しい”スポットを紹介するのがメインです。

 さて、そんな歌舞伎町では、黒人の客引きが相変わらず跋扈しています。

 国籍はナイジェリア、ガーナ、エチオピアといったアフリカ系が中心で、外国人女性のガールズバーや連れ出しスナックを勧めてくるんですが、とりわけ近年は、外国人観光客にアプローチしている姿が目立ちます。彼らもまた、このインバウンド増の時流を、チャンスと思っているのかもしれません。

 そんななか最近、歌舞伎町の「区役所通り」「さくら通り」で、奇妙な光景を目にします。客引きの黒人たちから「服屋」と呼ばれる一人の黒人がどこからともなく車で現れ、アヤシイ移動販売をやらかしているんです。

 場所は公道。客は全員黒人の客引き。商品は真贋の怪しいブランドの服や靴。さしずめ「黒人ヤミ市」と言ったところでしょうか。

早朝5時。歌舞伎町・区役所通りに“黒人ヤミ市”が出現


 歌舞伎町にそのヤミ市カーが現れるのは、毎週日曜の早朝5~6時半頃にかけて。まずは区役所通り『カラオケ・パセラ』前、その後さくら通り『ギラギラガールズ』前、と順番に回っていきます。

黒人ヤミ市 取材に足を運んだ11月5日(日)の朝も、ヤミ市カーの回りには、黒人たちが集まっていました。日本人は一人もおらず、近寄りがたい雰囲気が漂っています。

黒人ヤミ市 しかしこちらが声をかけると、特に警戒されることはなく、招き入れてくれました。ヤミ市カーの主らしき、オレンジ色のニット帽の黒人が、日本語で応対してくれます。

「ナニ見タイ? ジーンズ?」

黒人ヤミ市 車のトランクカバーの上にずらっと並べられるジーンズ。値段は全部5千円とのことです。

黒人ヤミ市 黒人ヤミ市 『Louis Vuitton』というタグが付いた商品に目が留まりました。

「…このヴィトンって、フェイクですよね?」
「ノーノー、フェイク、ジャナイ」

 本当でしょうか? 実に疑わしいんですが…。

黒人ヤミ市 靴も見せてほしいと頼むと、トランクが開けられました。ブランドモノの靴が大量に入っています。こちらは商品によって値段が違うとのこと。

「この、グッチはいくらですか?」
「1万5千円」
「本物っすか?」
「ホンモノ。フェイク、ジャナイ」

 あくまで正規販売ということですが、このヤミ市カー、いったい何モノなんでしょうか?

黒人ヤミ市 黒人ヤミ市
次のページ 
黒人ヤミ市は、六本木や渋谷で開かれている!?

1
2

・ツアー募集(https://kabukicho-guide.com/
・メール(masanorisento@gmail.com





おすすめ記事