雑学

「阪神の応援に行きたいから」社長にフレックス導入を直談判した会社員

 昨年、政府が「働き方改革」に次いで打ち出した「休み方改革」。働く日本人にとっての“正しい休み方”、そして休みを存分に謳歌する極意を、休みの達人たちに徹底取材!

甲子園

仕事終わり型・早朝出勤して仕事を早く終え甲子園で野球観戦


 最近は早朝出勤にして、その分早く帰宅するサラリーマンが増えている。大阪在住の熱狂的阪神ファン、矢島明之さん(仮名・40歳・建設会社勤務)は、「18時終業だと甲子園に行っても途中からの観戦になるのが不満で、どうしても試合開始から応援したかった」との理由から、社長にフレックスの導入を直談判した。

「実は社長も虎党なのを知っていたこともありますが、日頃から社員の提案に耳を傾ける方でした。そこに懸けてみたんです」

 すると、社長は提案を快諾。観戦日は7時出社の16時終業で働けるようになり、試合開始に間に合うように。おかげで昨年は50試合も現地観戦できたそうだ。

「社長も『全員で甲子園に行こう。福利厚生の一環や』と年2回の全社員での観戦を提案。これにはみんな大喜びでしたよ」

矢島明之さん(仮名)

矢島さんの奥さんも虎党のため、夫婦で甲子園観戦デートを楽しむことも多いとか

 しかも、同僚たちもフレックスタイムを利用するようになった結果、会社全体の作業効率が導入前より15%もアップしたという。

「ウチは小さな会社で社長と毎日顔を合わすので、日頃から積極的にコミュニケーションを取っていました。それがよかったのかも」

 仕事の効率化も重要だが、見落としがちな組織内のコミュニケーションを高めておくことも、休みを取りやすくするポイントだ。

― [休み方改革]で人生を10倍楽しむ方法 ―





おすすめ記事