カーライフ

フェラーリ328GTS vs ポルシェ718ボクスター vs BMW M3を乗り比べ。運転ヘタクソの評価は?



新旧スポーツカーをヘタクソが乗ったらどうなるか?

ポルシェ718ボクスターSは6MTとPDK(AT)モデルがあり、いずれも350馬力の水平対向4気筒エンジンを搭載します。MTは888万円、PDKは940万4000円。ヘタクソでも簡単に運転できました

K:あまりにも運転が簡単で、クルマの進歩をしみじみ感じました。

永福:ミッションもスコスコ入るし。

K:当然328より速いし、よく曲がるし、よく止まるし。そういえば、328はブレーキが思ったより効かなくて、焦った場面もありました

永福:今のクルマは、ちょこっと足乗せるだけでグワーッって減速するからな。

K:普段乗るクルマとしては断然ボクスターが一番ですが、現行車ということでお宝感はないし、欲しいと思うのは328でしょうかね~。

永福:マジで! ホンモノのカーマニアっぽいじゃん! じゃ、職人の古いBMW M3(’96年製)は?

新旧スポーツカーをヘタクソが乗ったらどうなるか?

激安BMW M3職人号は5MT。US仕様で240馬力の直6エンジンを搭載します。328のほうが古いクルマなんですが、こっちのほうが壊れそうで運転は気疲れします。でもエンジンは超絶気持ちイイです

K:実は、流していて一番気持ちよかったのはM3です。

永福:フェラーリより!?

K:音の気持ちよさはフェラーリ、曲がる、止まるなどの性能はボクスターだけど、直線の加速フィールは、BMWの直6ですね!

永福:あ、ありえない……。この世にフェラーリエンジン以上の快楽装置はない!

K:好みの問題でしょうけど、BMWのストレート6は、つま先から脳天まで一本スジが通ってるような気持ちよさです。BMWがもうノンターボ直6の生産をやめてしまったことは残念ですが、中古ならまだまだ買えるので、今のうちに程度がいいタマを探しておこうかな~。

永福:古いフェラーリも今のボクスターも1000万円級なのに比べると、中古の直6BMWはメッチャ現実的な選択ではあるな。

K:でも、運転に一番気を使ったのはM3でした。

永福:そういや、相変わらずエンストこいてたね。

K:このクルマ、発進がむずかしいんですよ! 全体的にボロボロでいつ壊れてもおかしくない雰囲気だし。

永福:車内がゴミ屋敷だからそう感じたんじゃないの?

新旧スポーツカーをヘタクソが乗ったらどうなるか?

何の打ち合わせもないまま突然フェラーリで登場し「これ運転してみて!」と言われ最初はとってもイヤでしたが、予備軍として328GTSで爆走できたことは一生の思い出です(担当K)

【結論】
結局、ヘタクソに名車を乗せても、みなさまの役に立つような大した感想は聞けないし、どんなクルマなのかもあんまりよくわかんないことがわかりました。まあ、カーマニアの感想聞いてもわかんないだろうけど。

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2





おすすめ記事