スポーツ

スタン・ハンセン 伝家の宝刀ウエスタン・ラリアット――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第49話>

スタン・ハンセン 伝家の宝刀ウエスタン・ラリアット<第49話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第49話は「スタン・ハンセン 伝家の宝刀ウエスタン・ラリアット」の巻(イラストレーション=梶山Kazzy義博)

 スタン・ハンセンをプロ野球選手にたとえるとするならば、“外国人助っ人の最強4番バッター”である。

 アントニオ猪木、ジャイアント馬場からジャンボ鶴田、天龍源一郎、そして三沢光晴をはじめとする“四天王世代”まで歴代の日本のトップスターたちと闘いつづけ、28年の現役生活のうちの24年間を日本のリングで過ごした。

 ドリー&テリーのザ・ファンクス、ダスティ・ローデス、ブルーザー・ブロディらと同様、ハンセンもウエスト・テキサス州立大フットボール部出身で、大学を卒業と同時にNFLボルティモア・コルツからドラフト11位指名(1972年)を受けたが、シーズン登録メンバー入りできずに退団。

 1973年、プロレスに転向した。ルーキー時代、J・鶴田、ボブ・バックランドらいっしょに安アパートを借り、テキサス州アマリロをサーキットしたことはあまりにも有名なエピソードだ。

 デビューから1年後、ルイジアナ(リロイ・マクガーク&ビル・ワット派)で大学の先輩ブロディと再会し、タッグチームを結成した。

 この時代のハンセン&ブロディのパブリシティ写真をみると、ふたりは色ちがいのカウボーイ・ハットをかぶり、ややぎこちないファイティング・ポーズをとっている。

 「タッグチームらしい写真を撮ろう」といったのはブロディで、「だったらカウボーイ・ハットをかぶろう」と提案したのがハンセンだった。

 ブロディがかぶっているカウボーイ・ハットはハンセンが貸したものだったが、ブロディはルイジアナ・ミシシッピー地区をツアー中にそのカウボーイ・ハットをどこかのレストランに忘れてきてしまったのだという。ブロディは髪を伸ばしている最中だった。

 初来日は全日本プロレスの『ジャイアント・シリーズ』(1975年=昭和50年9月)。キャリア2年、25歳のハンセンの髪の色はまだブリーチ系の金髪で、タイツの色は水色。リング・コスチュームには薄茶色のスエードの革ベストを着ていた。

 シリーズの主役はアブドーラ・ザ・ブッチャーとオックス・ベーカーのふたりで、ハンセンはほとんどTVマッチにも登場しなかった。

 スタン・ハンセンの名をアメリカのプロレス史に刻むことになった試合は、マディソン・スクウェア・ガーデンでのブルーノ・サンマルチノとのタイトルマッチだった(1976年4月26日)。

次のページ 
ウエスタン・ラリアットで首をへし折ったという“おとぎばなし”

1
2
3
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事