エンタメ

NGT48、涙と笑いの2日間…新潟単独&北原里英卒業コンサート完全ルポ

 4月13日、14日に新潟を拠点に活動するNGT48が朱鷺メッセで、県内では初単独コンサートとキャプテンを務めた北原里英の卒業コンサートを開催した。今まで東京都内では単独コンサートを2度おこなってきたNGT48だが、地元・新潟での大規模なコンサートは初開催ということもあり、新潟のファンを中心に2日間で14000人が集結。

北原里英卒業コンサート
本記事では、涙と笑いで溢れたNGT48にとって歴史的な2日間となったイベントの模様を振り返っていきたいと思う。

新潟から全国へ!


 1日目の「NGT48単独コンサート~朱鷺は来た!新潟から全国へ!~」では、まずオープニング映像で加藤美南と本間日陽が登場。グループ内で独特の絵を描くことで知られている加藤が公園で桜の絵を描いているが、モノクロで色がない。悲しそうな表情の加藤の手を本間が引っ張り、「みんなで色を探す旅に出ようよ!」という演出からスタートした。

北原里英卒業コンサート 最初のパートで「誇りの丘」や「みどりと森の運動公園」など、タイトルや歌詞に“緑”が入っている曲を歌うと、スクリーンに映し出されたモノクロの絵に緑が塗られていく。加藤は「春をテーマに絵を描かせてもらったんですけど、最初はモノクロで色がなかったんですね。今日は曲と色をリンクさせて楽しんでもらえたらなと思ってます!」と話すと、今まで見たことない演出にファンは大歓声を送る。
その盛りあがりに荻野も「本当にこの新潟の朱鷺メッセでコンサートをすることを目標にしていたので、ステージに立てることが本当に嬉しいです。『朱鷺は来た!新潟から全国へ!』ということで、ときが来たぞーーーー!!!!」と絶叫して会場を盛り上げた。

北原里英卒業コンサート その後、「青くさいロック」や「赤いピンヒールとプロセッサー」などの楽曲を披露するたび、絵に一色一色と足されていく。また途中のAKB48楽曲「RIVER」では、新潟の伝統芸能・万代太鼓の経験者でもある小熊倫実が曲に合わせてド迫力のパフォーマンス。これには会場からどよめきの声があがっていた。

 また、今年1月のAKB48グループドラフト会議で選ばれたドラフト研究生5名も新潟で初お披露目。フレッシュなパフォーマンスを見守っていた荻野は「私たちも一応先輩なので、NGT48のこととかなんでも知ってるつもり。せっかくだから、この機会に何か質問とかしていただけたら」と後輩たちに振ると、ドラフト1位指名の對馬優菜子が「じゃあ、小熊先輩に」と切り出し「ファンの皆さんに好きになってもらうにはどうしたらいいんですか?」と質問。これに対して小熊は、「それは私もわからない!」と即答。「でも、津軽弁がめちゃくちゃ可愛いから。もう釣られてるよ」と話すと、スクリーンにアップにされた對馬が会場に可愛らしいアイドルポーズでアピール。この吸収力の高さには荻野も「対応が早い! 危険な女かもしれない!」とツッコんで会場からは笑いがおこった。

北原里英卒業コンサート 

最新シングル「春はどこから来るのか?」を披露


 ライブの後半戦で、少しずつ色付いてきた絵も完成間近。最後は「10年桜」や「桜、みんなで食べた」などピンクにまつわる楽曲メドレーを歌い終わると、要となる桜の木がピンクに染まって色鮮やかな桜の絵が完成した。その絵をバックにNGT48の最新シングル「春はどこから来るのか?」を披露。すべての色が揃った絵を見ながら加藤が「実は一色一色の色をつけるときにメンバー1人1人のなかにある色を探したんです。ピンクの部分は里英さんとNGT48を表していて、ピンクって一色じゃないんですよ。たまたまこうしてNGT48として出会えたから。ピンクにいろいろな色を混ぜて、スポンジとかも使って描きました」と制作秘話を明かすと、メンバーも喜んでいた。

北原里英卒業コンサート アンコールでは、MCの途中でNGT48の今村支配人がメンバーには内緒で登場。NGT48の研究生1期生の全メンバー8名が正規メンバーに昇格すること、そして既存のチームNⅢに加えて、チームGが新たに発足されることが発表された。研究生が泣き崩れるなか、奈良未遥は「こうやって約3年、NGT48研究生として活動させていただいて。卒業したみーずん(水澤)と大滝さんと『一緒に昇格しよう』って言ってきたんですけども、なかなか実現できなくて……。こうやって新潟で初めて単独コンサートをやらせていただいて、その大好きな新潟で研究生を全員昇格させていただいて、初めてチームの名前をいただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます!」と声を震わせながら感謝を伝えた。

北原里英卒業コンサート 新たに組閣されたチームNⅢでは、新キャプテンに加藤美南が指名された。そんな加藤は終演後の影アナウンスで「本日チームNⅢのキャプテンに就任させていただきましたが、皆さんの力がなかったら大きくなれないと思うし、キャプテンも務まらないと思います。私たちの目標は朱鷺メッセだけじゃない。これからAKB48がやられていた大きなドームに立ちたい。そしてNGT48がAKB48を超えてみせたいです!」と力強くアピール。そんな加藤をキャプテンに指名した北原里英は、「新潟出身で人一倍、新潟に対する愛も強い子。加藤はきっと自分がなんとかするじゃなくて、周りがなんとかすると思うんですよ。そうなったら全然違うキャプテン像になると思うし、今まではとは違うNGT48になると思って選ばせていただきました」と、頼もしく成長した後輩にエールを送っていた。

北原里英卒業コンサート
次のページ 
2日目はいよいよ卒業コンサート

1
2




おすすめ記事