デジタル

iPadが2000円引き、MacBook Proが2万円引きになる禁断の裏ワザ

iPad

学割で買えるiPad。自己申告で2000円引き!


 高額なアップル製品を安く買える方法がある。ライターの山野祐介氏によると「iPadなどアップル製品は学生証の証明が求められず学割で購入できてしまう」という。

 実際に申し込んだ人に話を聞いてみた。

「『アップル学割』と検索し、まずは学生専用のストアページにアクセス。購入したいアップル製品を選択し、手続きを進めます。ストア受け取りだと身分確認される恐れがあるので、自宅への配送を選択。住所や氏名、支払先を入力後、最後に学生であることを宣言する『販売条件』のチェックボックスにレ点を入れれば、注文完了。特に学生証などの提示は求められず自己申告で済みました」

 これだけでiPadが2000円、MacBookが6000円、MacBookProなら約2万円も安くなるという。そんなことあっていいのか!? さらにいい値段がする延長保証制度の「AppleCare+」も10%引きになる。

iPad

購入条件は提示されるがチェックさえすれば手続き完了

 アップル製品は全国一律の料金で設定され、家電量販店でもポイント特典が少ないので、値引きを諦めていた人には驚きだろう。

 ちなみに教職員やPTAの職員であれば、学割同様の割引となる。ここまでザルとは心配になるレベルだ。もちろん、学生でないと詐称行為にあたる。絶対に悪用はしないこと。

― 今日から30万円得をする! ―




おすすめ記事