ライフ

人気だけど災害に弱い街 「丘」「坂」「緑」のつく地名は危険!?

「“自由が丘”というのは、駅から離れた丘の上にある『自由ヶ丘学園』からつけられた名前。駅の周りには九品仏川緑道がありますが、これは川に蓋をして道にした“暗渠(あんきょ)”で、地形的には谷底の平野です。そのため大雨の際には浸水の恐れが大いにあるし、大地震の際も揺れやすい」 自由が丘 なんと取材中の8月27日、ゲリラ豪雨で自由が丘駅前が冠水。オシャレで好印象な“イメージ地名”にはくれぐれも要注意だ。 <人気だけど災害に弱い街> 1位 自由が丘 「丘」とは名ばかり。暗渠のある駅周辺は谷底 2位 久我山 低地&川沿い。大雨で大規模冠水が発生 3位 柿の木坂 「土地が欠ける」に由来。地盤の緩さに注意 4位 日の出 明るいイメージの地名は埋め立て地の可能性あり 5位 「緑」がつく街 高度成長期に新しくつけられた土地に多い名前 【地理空間情報ライター・ちずらぼ氏】 測量士の資格を持ち、地名と災害の関係性に詳しい。主な著書に『地名は災害を警告する』『首都大地震揺れやすさマップ』など <取材・文/週刊SPA!編集部> ― もう二度と住みたくない[ヤバい街] ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事