仕事

40過ぎた“ヒラ社員”の実像 平均年収、未婚率、モチベーションは?

博打な人生で先行き不安 40%近くが未婚で孤独に

 出世競争から脱落したヒラ社員の覇気は、ますます失われていく。 「仕事のモチベーション」(Q2)では、「生活の維持」(57.8%)、「貯蓄」(15.6%)と、お金関連が75%近くに。一方、「仕事を楽しむ」(13.8%)や「会社の成長」(2.2%)といった、仕事自体を生きがいにしている人はごくわずかだ。 ============= 《Q2 仕事のモチベーションは何ですか?》(複数回答可) 生活の維持(給料)          289人 早く終わらせて帰宅する(遊びに行く) 122人 何もない               95人 貯蓄                 83人 仕事を楽しむ             69人 人脈づくり・出会い          64人 仕事関係のコミュニケーション     38人 仕事の効率化             31人 副業                 21人 会社の成長              11人 「生活の維持」がダントツで、次いで「早く終わらせて帰宅する」であることからも、仕事自体へのモチベーションは「ない」に等しい ============= 「食べていくために働いている」(54歳・損保)という人も多く、この現状を経営学者の山本寛氏はこう嘆く。 「会社のビジョンや理念に共感して働く人が多い欧米と比べ、日本では収入が働くモチベーションの上位になりがち。ゆえに給与が頭打ちになると、出世レースに縁のない中年ヒラ社員は人生の目標を失いやすい。働き方改革の影響で仕事が早く終わっても、用もないのに街で時間を潰す“フラリーマン”が増えているのも納得です」  西尾氏も「産業競争の激化や働き方改革で、残業ゼロで今以上の生産性が求められるのに、現状維持で嫌々仕事に取り組む姿勢そのものが危険。“このまま定年退職を迎えられたら超ラッキー”。この考え方は博打に近い」と憂う。
次のページ 
結婚しても子供を作らない
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事