エンタメ

前澤“1億円お年玉祭り”に便乗した人々 まさかのダルビッシュ有も

 アパレルネット通販大手ZOZOの前澤友作社長が、Twitterで今月5日の夜にブチあげた「総額1億円のお年玉」。「ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破」したことを記念し、前澤氏個人から100万円を100名様にプレゼントするという企画である。  前澤氏のTwitterをフォローし、当該ツイートをリツイートするだけという、簡単な応募条件だったことも功を奏し、締切日の7日23時59分時点でリツイート数が約554万回! Twitterのリツイート数世界記録を塗り替えるほどの大反響となった。  企画開始直後からネットニュースの話題をかっさらい、100名への当選DM(ダイレクトメッセージ)が配信されたことなども多数のメディアで取り上げられているが、いずれにしても“前澤祭り”第一弾は驚くほどの大盛況のもと、幕を下ろしたと言っていいだろう。  さて、これだけの“祭り”である。便乗してくる者が多数出ていたであろうことは想像に難くない。なかには詐欺まがいのうさん臭い便乗も少なくなかったが、今回は“まっとうな便乗”をした人々を紹介していこう。

顔マネをしていたチョコプラ長田は身銭を切ったギャグに!

 もうすでに多くのメディアで取り上げられているが、まずはブレイク中のお笑いコンビ、チョコレートプラネットの長田庄平の便乗を紹介しておきたい。  長田は以前から前澤社長の顔マネをしていた流れで、100人に100円の1万円キャンペーンをTwitter上で開始。もちろんウケ狙いのパロディだが、100人に100円を送ることは本当らしく、「100円を送るのに現金書留で530円かかるんです」と振込手数料のほうが高いことを嘆き、見事にオチまでつけていた。  ちなみに、8日に前澤氏本人から長田にあてて、「そろりそろりとパクっていただきありがとうございます」とツイートがあり、晴れて“公認便乗”となったようだ。

10名に10万円(総額100万円)…なにげに当選確率高め?

 エンゲージメントクラウド「トークノート」を運営するトークノート代表取締役・小池温男氏も、前澤氏へのリスペクトを表明しつつ“乗っかり”を宣言。10名に10万円(総額100万円)ということで、前澤氏よりも人数も金額も0がひとつ少ないが、それも前澤氏への憧れの表れなのかもしれない。とはいえ、小池氏のフォロワー数は6万人台であるため、前澤氏の企画に応募するよりも当選確率はかなり高かったはずだ。

実は先にやっていた、“後・乗っかり”1週間留学キャンペーン

 フリーランスやパラレルワーカーを志望する女性のエージェントを謳うワークコミュニティ「ハッシュミー」では、「前澤友作社長に便乗して、【南国フィジーでの1週間語学留学】をプレゼント」を実施中とのこと。だが、実はこの1週間留学キャンペーンは昨年12月28日から開始しており、今回の“前澤祭り”に便乗する形で、改めてキャンペーンの告知をしたというのが実情のようだ。こちらの締切日は1/29までのため、興味がある方は応募してみるといいかもしれない。

熊本のバスケチームが成人の日(14日)にボックス席100円

 国内プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」のB2リーグ西地区所属チームである「熊本ヴォルターズ」。公式Twitterにて、1月14日の2019年最初のホームゲームで、100名様に100円のボックス席での観戦をプレゼントするとしている。1月14日に熊本の試合会場まで足を運べるバスケファンは要チェックだ!
次のページ 
ダルビッシュも便乗!?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事