エンタメ

吉本坂46・河本準一とおばたのお兄さんがアイドルを語る。坂道シリーズの推しメンは?

 秋元康がプロデュースするアイドルグループ、乃木坂46と欅坂46(けやき坂46)。2組は「坂道シリーズ」と称されるグループで押しも押されもせぬ人気グループだが、ここに3組目のグループが誕生した。「吉本坂46」と名付けられたこのグループは、その名の通りよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する吉本芸人・タレントから形成されている。1747人の応募者がオーディションに挑み、半年以上の選考の末、メンバー46人が決定。12月26日にシングル「泣かせてくれよ」でCDデビューを果たした。  そこで、表題曲の選抜メンバーである河本準一(次長課長)とおばたのお兄さんにインタビュー。アイドルと真正面から向き合う2人に、活動について聞いてみた。さらに「坂道シリーズ」内での推しメンの名前も……?

完成した曲がすごくよかった

――まずは、デビューおめでとうございます。大人気の「坂道シリーズ」でデビューとなりましたが、プレッシャーはありますか? 河本:プレッシャーはないと言えば嘘になりますね。でもそれは、坂道シリーズでなくてもです。だって、土俵が違いますからね。力士がスキージャンプやるくらい違いますから。アイドルのみなさんの胸を借りる感じになるのかもしれないですよね。 おばた:あまりにも毛色が違いすぎますからね。もちろん秋元康先生が上についてくださっているので、そこに関しては同じかもしれませんけど、“別物”なのかなっていう気もなんとなくしています。ここでしかできない、吉本坂46にしかできないことを全力でやれたらいいなと思いますね。それに、僕個人としてはやはり世間的に見ると小栗旬の「まーきのっ」のイメージが強いので、また別の形で有名な先輩方と世に出られるっていうのは嬉しいです。しかも、46人に選ばれたうえにシングル選抜にも入れましたからね。選抜の中では最若手なので、若々しさを出していけたらなと意気込んでるところです。 河本:アイドルですから。そうなって見ると、また見方が変わるんですよ。これまでに何度かAKB48や坂道シリーズの方たちと仕事したことありますけど、以前は「明日のライブの欠員が出たから、今から覚えるんですよ」って平然と言っているのを聞いても、あまりすごさがわからんかったんです。芸人としての感覚しかなかったから、「出られるならそらやるやろ」くらいにしか思えなくて。でもよくよく考えたら2時間のライブを明日までに全部覚えるって……! ジャニーズさんももちろんそうだろうけど、本業でやっているとはいえどんな脳みそになってるんだってくらいですよ。 ――いざ自分がやってみるとなると……。 河本:ダンスに集中しすぎて口が動かなくて、いっこく堂みたいになりましたよ。 おばた:そうっすね(笑)。なかなか合わなかったです。 河本:で、口に集中すると今度は踊れなくなるから。こういう回路で見られるようになって、改めてアイドルってすごいな!って思いましたね。 ――とはいえ、日体大出身のおばたのお兄さんは振り覚えが早そうです。 河本:ばたお(おばた)若いもんね! おばた:できたら早く覚えて、お兄さんお姉さん方に教えよう、そのくらいやらないといけないっていうのはありましたね。意識として。僕とかエハラ(マサヒロ)さんとかとくに。 ――立場的に。 おばた:そうですそうです。若手ならではの責任感があったので、やってましたね。そういう意味で早く覚えたというのはあります。あと、ダンスオーディションのときのダンスが、素人からするとかなり難しかったんですよ。それをみっちり踊ったのはよかったですね。あれを経ての今回だったので。 河本:ほんまにテンポが速かったんですよ。必死になって覚えましたもん! ダンスオーディションってチームに分かれてやったんですけど、受かりたいからチーム一丸となって一生懸命踊るんです。そのときのチームワークのすごさとダンスが忘れられなくて。あの曲も含めてすごく印象に残ってますね。あの曲がシングルになったらええのにって思ってたくらい。結局、別のユニットの曲(吉本坂若手ユニット“RED”の「君の唇を離さない」)になりましたけどね。 ――そうして、「泣かせてくれよ」が表題曲になったんですね。さぞかしインパクトが大きかったのでは? おばた:最初は、アイドルアイドル言っててこの感じ?と思いましたね。みんなで言っていたんですけど、「長渕みたいだ」って。アイドルらしさでいうとどうなんだ?ってなりましたけど、歌詞がハマって完成したものを聴くとすごいいい曲だなってなりました。それで、MVになった瞬間「これはすごい曲ができたぞ!」って。うちの奥さん(山崎夕貴)も、最初は「これでやるの?」ってなってましたけど、最終的に聞いたら「感動したグッとくる」って言っていたので。 河本:そんなこと言ってたんや。嬉しいよなぁ。 ――リスナーの意見も聞いて手応えを感じたと。確かに沁みますよね。大人が歌っているからこその説得力があって。 おばた:そうなんですよね! めっちゃいい曲ですよね。
次のページ 
MVはカッコいいほうがいい
1
2
3
吉本坂46公式サイト:http://yoshimotozaka46.com/
吉本坂46公式Twitter(@46yoshimotozaka
吉本坂46公式Instagram(@yoshimotozaka46official

泣かせてくれよ

超個性派アイドル吉本坂46 デビュー!!





おすすめ記事