R-30

11歳年下の妻にバットで殴られる夫。男がDV被害者になるケースは意外と多い

 昨今、DVや虐待など痛ましい報道が続いている。だが暴力の加害者は男性だけとは限らない。時には恋人や妻からのDVで苦しんでいる男性もいるのだ。

DV被害に合う男性

写真はイメージです(以下同じ)

 警察庁がまとめた全国のDV相談件数は右肩上がりで、平成29年の「配偶者からの暴力」相談は7万2455件にのぼるが、うち17.2%は「男性が被害者」なのである。女性が被害者のパターンより少ないとはいえ、男性被害者も年々増えている。だが、問題視されにくい。

1992年から「離婚110番」を主宰する澁川良幸氏(離婚カウンセラー・夫婦問題アドバイザー)のところにも、妻からのDVについての相談が数多く寄せられるという。そこで、澁川氏の話を元に、その実例をまとめた。

妻にとって“初めての男”だった


土下座 「1年ぐらい前から仕事で遅く帰宅すると、妻から『正座しろ』と命じられます。2~3時間玄関で従っていると、今度はバットを持ちだして、足を殴打されるんです。体は痛いし寝不足だし、心身ともにきつくなります」

 こう頭を抱えるのは、IT企業役員の相模博人さん(仮名・34歳)。年収1000万円以上で高収入の相模さんは、3年前の合コンで、11歳年下の妻と知り合って、2年前に結婚。妻は恋愛に対してオクテで、しかも彼女にとって相模さんが初めての男性だった。

「結婚すると妻は専業主婦になりました。あまり社交的でない彼女は、友達とランチしたりショッピングすることなく、ほとんど1日中家にいて、僕の帰りを待っていたんです」

恋愛経験の乏しい妻の嫉妬から…


 そんな妻は結婚2年目を迎えると、言葉で相模さんをなじるようになった。

DV妻 「仕事の付き合いが多くて、帰りが深夜の1時、2時まで及ぶこともあるんです。すると妻は『女だな!』と怒りまくって。もちろん、妻の妄想ですよ」

 会社役員とはいえ、現場主義で自ら営業をすることもある相模さん。クライアントへの接待ももちろん多い。だが妻は、『そんなのウソだ!』と頑として聞き入れなかった。妻はずっと家に一人でいるうちに、夫の浮気を妄想するようになったのだ。
 そしてそのうち、バットを持ち出すようになったという。

「もともとバットは護身用に実家から持ってきたんです。彼女の兄が小さい頃に使っていた古いバットが、護身用どころか僕へのDV道具になるなんて…」

 だんだんエスカレートした妻に、最近では就寝している時にたたき起こされる。正座しろと言われ、バットで殴られるのだそうだ。そして、「帰宅が遅い、仕事を言い訳するんじゃない」と妻にすごまれてしまう。

 相模さんは一体なぜ、こうも無抵抗なのかが気になるが、彼なりに思うことがあったという。

「友達が少なく、ほとんど家にいる妻に対し『可哀想』と同情の気持ちがあったんです。そのため、怒っていても強気に出られなかった。我慢してしまったんですよね」

次のページ 
DVへの対応策とは?

1
2





おすすめ記事