ライフ

蟹を丸ごと詰め込んだ濃厚カニラーメン。シメはスープで雑炊だ!

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。  テンションのあがる食材ってありますよね。例えば、カニ。この世のご褒美的ポジションに君臨している食材ではないでしょうか。そんなご褒美フードがラーメンに姿を変えているとしたら、さらなるテンアゲではないでしょうか。すすり子が今回ご紹介したいのは、カニを贅沢に使った新しいラーメンなのです。
crab_店舗

人形町・crab台風。さんにお邪魔しました

 カニラーメンが食べられるお店が、東京都・人形町駅近くにある『crab台風。』です。
crab_装飾

券売機の上には蟹の置物が

 券売機の上からカニさんがお出迎えしてくれます。キュート。店内の至るところにカニです。

ほぼカニ?味から食感まで、本物のカニを食べてるみたい

蟹そば+雑炊セット(980円)雑炊は後ほど

 そんなカニ空間で待っていると、現れるのがこちらの『蟹そば』(+雑炊セットで980円)。着丼から漂うカニスメル。すすり子の生活においてご無沙汰すぎるカニ。期待に胸をふくらませ、いざいただきます。  マジでカニの味がする。カニで麺を食べているという感覚です。「甲殻類系の味」ではなく、明らかにカニなんですけど、すごくないですか? ところどころスープにジャリっと感までしてくるのがなぜだか妙にリアルです。

粘度の高いアツアツスープ。旨みの秘訣は「マー油」にあった?

crab_麺

中細麺が濃厚な蟹スープをしっかりと持ち上げる

 パツパツ食感のストレート麺が、とにかくカニスープを持ち上げます。スープは粘度高めの濃厚アチアチで、ハフハフしながら食べることになるので、実質カニです。普段そんなに食べる機会のないご褒美フードを、ラーメンという形で食べられる感動。あまりのカニカニしさに、頭はカニでいっぱい。人生において、ここまでカニに想いを馳せた時間は、これが初めてです。  実はこのスープにおいて、カニをぶっとく支えている存在として、豚骨がいます。そして、このスープの奥に浮かぶ黒はマー油。豚骨×マー油の組み合わせといえば、熊本ラーメン。この味を応用したのでしょうか。カニの上品なお味にアクセントを加え、ちょっとしたジャンク感も味わせてくれます。マー油とカニってこんなにイケた。  中央に構えるのは、薄切りやわらかチャーシュー。あまりのスープのパンチゆえに、カニ味の肉としていただくことになります。肉とカニは当たり前のようにお口でマッチングしておいしく溶け合います。

シメの雑炊でスープを味わい尽くす。幸せいっぱいの蟹ラーメン

crab_雑炊

雑炊に薬味を絡めて、最後の一滴までスープを堪能する

 今回、雑炊セットとしていただいております。ラーメンの最後に残ったスープを店員さんにお預けすると、うんまい雑炊へと変身して帰ってくるのです。薬味3種は、海苔の磯感後押しに、ネギ・柚子のさっぱり。白米の甘みとカニスープが合わないわけない。うまいの味わい方が抜かりないなぁ~~。カニとしてのうまみとラーメンとしてのうまみ。どちらも余すことなくたのしめちゃう最高のご褒美麺では?  ごちそうさまです! <TEXT/麺すすり子>ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベースの鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる

crab台風。
東京都中央区日本橋蛎殻町1-9-5 大鷲ビル1F

【営業時間】11:00~15:00/17:00~21:00(日曜営業)
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事