ライフ

『鬼滅の刃』人気No.1は我妻善逸。ヘタレなのに魅力的な理由

誰かの顔が浮かぶ

 私たちの「心」や「気持ち」は、目の前にいる相手だけでは成立しません。自分が影響を受けている人物を自覚してはじめて、自分の心情を把握し、決断や行動ができるようになります。その際にポイントになるのが「顔」です。  人物の影響を受けていると、影響を受けた相手の顔が頭に浮かんできます。特に悩んでいる時に、誰かの顔がぱっと浮かんでくると、「自分はこうするんだ」という思いが強くなったり、飛躍的な成長を遂げたりします。  善逸は慈悟郎のことを思い出しながら獪岳と戦います。それに対して、他の鬼と戦って怯えている時は、「死ぬ死ぬ」と自分の心配をしています。この描写は「勇気」や「怒り」や「情熱」が単なる観念ではなく、人物の影響によるものだということを物語っています。  ただ「勇気を出そう」と思うだけでは、勇気は出てきません。ただ「怒ろう」と思うだけでは、怒りは出てきません。ただ「情熱的に生きよう」と思うだけでは、情熱は出てきません。それは私たちの心が人との結びつきによって生まれているからです。  普段はヘタレだけれど、やる時はやる男。このギャップが善逸の魅力の一つです。そして、その魅力の源になっているのは、彼を育てた師匠の慈悟郎です。「敵討ち」というのはあまり現実的ではありませんが、決断や行動の理由が「何か」ではなく「誰か」であることは、その人を魅力的にします。 佐々木コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」。著書『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)が発売中

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白