ニュース

安倍前首相の「反日発言」の酷さを斬る<法学者・小林節氏>

―[月刊日本]―
<注:本記事は東京オリンピック開催前に書かれたものです。しかしながら、開催後も感染者数が増大、オリンピックに参加するアスリートや関係者からも感染者数が出たり、猛暑下の開催でコンディションを悪くする選手が続出するなど、開催前に起きた議論と何ら変わらない状況になっているため、そのまま掲載します>

「反日」?

国会議事堂 安倍前首相が、6月に刊行された月刊誌上の対談の中で、今回の五輪開催に強く反対している人達として、共産党や朝日新聞を挙げて批判した。その際の決め言葉が「反日」であった。  曰く、「歴史認識などで一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対している」。  この「反日」という単語は、いわゆる右派の人々が自分とは意見の異なる人々を否定しようとする際に相手にレッテルの様に貼り付ける言葉である。  彼等が言う「反日」とは、歴史認識において自分達と見解が違う人々に与える評価で、それによって議論を打ち切り、以後、人格批判を始める合図の様な「記号」である。戦争責任、日本国憲法の評価などについて自分と認識が異なる者に彼らが投げ付ける単語である。敗戦前のわが国において、国策に異論があると疑われた国民に投げ付けられた「非国民」という単語と同様の機能を持っている。  だからそれは、刻々と変化する状況の中で国民の安全と安心を確保するために今も真剣に公論が続いている問題について、前首相である代議士が使って良い言葉ではないはずである。

「絆を確かめ合う」?

 さらに、五輪の意義について、安倍前首相は「(日本人選手のメダル獲得などの)感動を共有することは日本人同士の絆を確かめ合うことになる」と語った。  しかし、現状は、地球全体が史上最強のコロナ・ウィルスに襲われて、特効薬も発明・発見されておらず、ワクチンも行き渡っていない。しかも相手は目に見えない敵で、常に変異を重ねながら地球上を移動している。だから、今は、政府高官が念仏の様に唱えている「安心安全」な大会が見通せる状況にない。これが客観的な事実である。だからこそ、そもそも世界中から公平に代表選手達が参加できる状況にはなく、公正なスポーツの祭典など期待できるはずもない。  しかも、五輪自体が国際オリンピック委員会という「興行師」とブローカーと政治家と御用商人の利権になっている実態が明らかになりつつあり、国民は白けている様に見える。  つまり、今、わが国では、この期に及んでも五輪開催の是非について国論が分裂・対立したままで、五輪の「感動を共有」して「日本人同士の絆を確かめ合う」ことなど夢想だにできない状況にある。にもかかわらず、この様な現状がなぜ安倍氏には見えないのか? 不思議である。
次のページ
思わず苦笑した安倍前首相の発言
1
2


gekkannipponlogo-300x93

月刊日本2021年8月号

【特集1】東京五輪 敗戦の歴史に学ばない日本
【特集2】立花隆研究 「知の巨人」の虚像
【特別インタビュー】菅総理は「君側の奸」だ(元衆議院議員 亀井静香)、赤木ファイル 万死に値する公文書改ざん(元衆議院議員 福島伸享)


Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事