ニュース

家庭内感染と社会的孤立。コロナで隔離されたマンガ家が描く不安と恐怖

コロナマンガコロナマンガ

気がつけば妻も……家庭内感染

 コロナに罹患してしまったマンガ家のハッシー橋本さんの体験を描き起こしたコロナマンガの第2話は陽性発覚から、家庭内感染へ繫がった不安と恐怖を描いています。  この頃はまだ連絡が取れていて、「ゆっくり休んでください」とやり取りをしていたのを覚えていますが、真っ先に思い浮かんだのは家庭内感染。特に橋本さんは自宅で作業しているため、奥さまへの感染を懸念していたのですが……見事に感染してしまったのであります。

担当編集も知らなかった自宅療養

 LINEでのやり取りや原稿の受け渡しなど、ネットを通じて繫がっていたので「大丈夫かな」と、なんとなく思っていました。しかし、奥さまも感染したに加えて高熱が続くことで買い出しなどはできず、社会的に孤立した状態にあったことを退院した後に聞いて背筋が寒くなったものです。  もはやコロナは罹患することも珍しくない病気です。しかし、罹患した後に待ち受ける闘病生活は非情に苦しいものです。皆さんも感染予防には最善を尽くしてください。 画/ハッシー橋本 文/長谷川大祐(SPA!)愛知県出身の漫画家。パチンコ・パチスロ漫画を中心に活躍し、‘15年より月刊ヤングマガジンで連載を始めた『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ『中間管理録トネガワ』が大ヒット。サウナとビールの愉悦を描いた『極上!サウナめし』はサウナ好き必見の一冊 Twitter @hashimotosan84

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事