雑学

「最大6時間半待ち」と噂の店に並んでみた

日本人は行列が好きだ。時間がたてば、並ばずに買えるようなものでも並んでみたりする。そこで、この冬、大行列を生み出している名店に実際に並び、待ち時間と成果を公開する

◆なぜ行列に並ぶのか? そこに行列があるからだ!

アップル

白戸家の“おとうさん”のコスプレをしている人も。並んでいるほとんどの人がアップル愛に溢れていた

 ここ数年、大行列と言えばアップル新製品発売のたびに銀座で並ぶ人々の姿がお馴染みだ。少し前だが、11月1日のiPad Air発売日も銀座・アップルストアには開店前から約250mの行列が。先頭の無職の男性はなんと「10月17日から約2週間並んだ」という。iPad Air発売の正式発表は10月23日なのに!

「発表前から噂が出回っていたので、一番乗りをしたくて。途中、台風が来たりしたのですが、皆さんのおかげで頑張れました(号泣)」

 だが、彼のように「一番乗り」狙いで並ぶのはさすがに少数派。全国アンケートで寄せられたのはすべて「食べ物」関係の行列情報で、「おいしいもの」のためには並ぶ苦労をいとわない人が多いようだ。その傾向を見ると、兵庫県の「小山ロール」やB-1グランプリ優勝店などテレビで紹介され有名になったケースや、岐阜県の「赤飯とまぜおこわ」のように、年に数度しか販売されない希少性が行列を生むというものも。知名度、味、コスパ、希少性など、行列を生む理由は種々ありそうだ。

◆日本一の行列待ち時間!?滋賀の洋菓子ビュッフェに並ぶ

クラブハリエ 守山玻璃絵館 まず突撃したのは、滋賀県のクラブハリエ。こちら、独特の食感が特徴の焼きたてバームクーヘンがクチコミで広がり、さらに直営のティールーム「守山玻璃絵館」のケーキバイキングがテレビで紹介されて、「日本一行列のできる店」として有名に。店のHPには「最大6時間30分の待ち時間をいただく場合がございます」との注意書きも! 土曜日の朝8時半に到着するも、すでに50人くらいの行列が。その後もどんどん人数は増えて受付時間の9時には100人近くに。受付で名前と人数を伝えると、「11時半からのご案内になります」とのこと。まだ2時間以上もあるが、周りを見渡しても時間を潰せる場所はない。仕方がないので最寄りの守山駅まで戻って駅前の喫茶店へ。何やってんだか。

 11時半に入店すると、30~40種類ほどのケーキや焼き菓子のほか、キッシュやピザも並んでいた。頻繁に新しいケーキの焼き上がりを伝えるアナウンスがあり、飽きさせない工夫が感じられた。

 この日は、11時に受付が終了。最終入店は16時なので、待ち時間は最長で5時間。「平日は正午までに申し込めば夕方には入れます」(スタッフ)とのこと。日本一の行列は確かなようだった。

【クラブハリエ 守山玻璃絵館】
(行列待ち時間・平日1時間30分/休日3時間)

丁寧に作られ素材感たっぷりのケーキ。名物のバームクーヘンの前はすごい人だかりで、辛うじてゲットしたそれは、生地のしっとりとした食感やふんわりと優しい口どけは間違いなく今まで食べたなかではNo.1だろう

クラブハリエ 守山玻璃絵館※待ち時間は今回並んで算出した目安です
― この冬[行列のできる店]に並んでみた【1】 ―




おすすめ記事