雑学

’90年代アナログレコードが価格高騰。オアシスのセカンドアルバムが1万5000円

青春時代の思い出にアナログ盤を買い直すアラフォー続出


 全世界で2200万枚も売れた「オアシス」のアルバム『モーニンググローリー』のレコードが高騰しているという。

●オアシスのレコード『モーニンググローリー』中古価格1000円⇒約1万5000円……イギリスの人気ロックバンドのセカンドアルバム。イギリス国内だけで440万枚、全世界で2200万枚のセールスを記録した名盤

オアシスのレコード『モーニンググローリー』

オアシスのレコード『モーニンググローリー』

 CDなら300円、レコードでも1000円程度だった彼らのセカンドアルバムが今や1万5000円で売られている。ディスクユニオンの澤田裕介氏が解説する。

「背景にはこの5年くらいの全世界的なレコードブームがあります。特に’90年代はレコードがCDに取って代わられた時期で、レコードのプレス枚数自体が激減したことが大きいです」

 購入者は当時10~20代だった世代が多い。邦楽のレア盤にもニーズはあるそうで、「スピッツ、くるり、椎名林檎などやはり’90年代以降のアーティストが人気ですね」

 お金に余裕のできたアラフォーのコレクション用だろう。ニッチなマニアの嗜好とめざとくそれに気づく投機筋の存在を意識すれば、新たなトレンドからの一攫千金も夢ではないかもしれない。

― 局地的[高騰商品] ―




おすすめ記事