杯より牌が好き?美人麻雀ガールのお店で麻雀談議と恋バナしてきた

 毎年のように年末年始は悪友たちとの麻雀大会に参加しているスパムです。前回は見事に惨敗してしまったので、いざリベンジをと思っていたところ、女流プロ雀士が営む店があるとの情報を得た。しかもホームページを見てみれば、なんとも美人のプロ雀士さんが働いているではないか……。そこで彼女らに麻雀のイロハのイから教わるべく、早速向かった。

“美女”雀士がお出迎え!

麻雀バーR

店長の真希さん(右下)と日替わりゲストの女流プロが2人で接客してくれる。ゲストの女流プロのスケジュールなどは、HPを要チェック!

 やって来たのは、武蔵小山駅から徒歩2分ほどにある麻雀バー「R」だ。店内はカウンター7席ほどで小さなスナックのような雰囲気。「いらっしゃいませ~」と迎えてくれたのは、店長の日本プロ麻雀協会所属の女流プロ・真希夏生さんだ。パッと見は綺麗なお姉さんだが、今年の「女流名人戦」で優勝するほどの腕前だという。

 乾杯しながらおもむろに麻雀歴を聞くと「中学時代に悪い先輩に教わって始めたんです」とのこと。

麻雀バーR

真希夏生さん。キャッチコピーは「アンニュイ雀士」。今年開催した最高位戦主催の「第17期女流名人戦」で初優勝。ツイッターは@okima96

「女子が麻雀を始めるきっかけって、だいたいが男友達か彼氏に教わってなんですよね(笑)。ウチのお客さんはやっぱり麻雀好きの方が多いので、お酒を飲みながら麻雀談議を楽しんでます。閉店後にはそのままお客さんと“打ち”に行くこともあるんですよ」

こんな美女たちがなぜプロ雀士に?


麻雀バーR

ネット麻雀をしながら、牌の切り方のダメ出しを受けるスパム。ときにはボードに説明を書いて、麻雀談議がヒートアップすることも

麻雀バーR こちらでは日替わりゲストで女流プロが来店。この日は特別に柚花ゆうりさん、水瀬千尋さん、逢川恵夢さんの3人も接客してくれた。一般にはあまり知られていないが、麻雀には大きく「日本プロ麻雀連盟」「日本プロ麻雀協会」「最高位戦日本プロ麻雀協会」という3団体があり、最近は全団体で女流プロ雀士が増えているという。

「だからかわいいコも多いし、グラビアデビューする女流プロ雀士もいるんです。今年からはAbemaTVで露出が増えたりしていて、女流プロを巡る環境もどんどん変わってきてますね」(逢川さん)

麻雀バーR

逢川恵夢さん。麻雀を始めて2年でプロ雀士になり、初参加の新人王戦で優勝を飾る。現在は麻雀CABO船橋店に常勤。ツイッターは@13261831

 また、同店ではネット麻雀もプレイ可能。というわけで、教えを乞いながらプレイしたスパムに対し「なんでそこでリャンピン切るんですか!?」「そこ! リーチですよ!」など数々のご指摘が……。

「対局中は性格が変わるから『人を殺しそうな顔してる』と言われたこともありますね。だからもし彼氏が麻雀できたとしても、一緒には打ちたくないんです。弱いと幻滅しちゃうから」(柚花さん)

麻雀バーR

柚花ゆうりさん。キャッチコピーは「越後の夜蝶」。主に麻雀ブル中野店・新宿店・池袋キングダムなどに常勤している。ツイッターは@mjumj

「でもこの業界は職場恋愛が多いよね。雀荘の店員とか」(水瀬さん)

麻雀バーR

水瀬千尋さん。「第1回関西女流スプリント」優勝など。また、麻雀アイドルグループ「More」の一員でもある。ツイッターは@minidevilcchan

「そういえば婚活パーティへ行ったときに職業を聞かれて『麻雀プロです』って答えたら、すごい怪訝な顔をされた(笑)」(柚花さん)

 そんな女流プロ雀士ならではの恋愛トークを聞けるのも同店の魅力だ。その後も「このシチュエーションなら何を切るか?」というクイズを肴にグラスを傾けること数時間。もはや役を数えられないくらいベロベロになりながらも、麻雀大会後には吉報を届けるため再訪しようと思うスパムでした。

麻雀バーR【麻雀バーR】
住:東京都品川区小山4-1-6 ファーストOKビル103
電:070-6976-0068
営:18~23時
休:火・水(変更あり)
料:席料1200円/60分 税・サ8%(女流プロのゲストデーはサービス料10%)
その他の情報はHP:http://skd1986.com/でチェック ツイッターは@mahjongr

麻雀バーR撮影/水野義之

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事