コロナショックで人が消えた……緊急事態宣言後の歌舞伎町を歩く

「5月まで店を閉めます」と、馴染みの飲み屋の大将から、こんなLINEが届いたのは緊急事態宣言発令の夜。聞けば、新宿界隈の店は飲み屋もキャバもガールズバーも、ほぼ営業を自粛したという。

俺の夜

11日の昼間の歌舞伎町。晴れた昼間でも人けはなく、閑散としていた

 とはいえ、そこは歌舞伎町。お上の言うことを聞いておとなしく店を閉めているのだろうか。緊急事態宣言後、初めて迎えた週末に歌舞伎町を歩いた。

俺の夜

誰もいない歌舞伎町にいるのはどんな人か?

 11日の土曜日、21時半。いつもなら人でごった返す歌舞伎町、ドン・キホーテ前。カメラマンと合流すると、「居酒屋いかが……」と居酒屋の呼び込みから声をかけられそうになったその刹那。ぬっと横から表れた大男がドスの利いた声で叫んだ。

俺の夜「おい、声かけんなよ。お前ら、わかってのか?」

 声の主は私服警官。思わず、“本職”の方かと思ったが、あちこちに私服、制服の警官がいて、呼び込みたちを威嚇する。

 見渡してみると路上にいるのは、ほぼ客引き。店の看板は電気こそついているものの、どこもかしこも休業状態。歩いていると、今度は風俗系の呼び込みが声をかけてきたので、話を聞いた。

「キャバから抜き系まで、今週末はまだやってる店もあるけど。来週はもうダメなんじゃないかな。やってる店がほとんどないから、逆に声をかけられることもあるけど、まぁ、キツいっスよ」

 ずっと使い続けていると思われる、ボロボロのマスクからなんとも悲しい雰囲気が漂った。

俺の夜

路上にいるのは呼び込みばかり。ホストもいなければキャバ嬢も皆無。新宿区の職員と警官が呼び込みを威嚇するようにして注意し、緊張感が漂う異様な雰囲気に包まれていた

 街をうろついている人のほとんどが呼び込み、キャッチ、たまに警官と、異様な雰囲気が歌舞伎町を包み込んでいた。

それでも歌舞伎町に来るワケとは……

 では、そんな歌舞伎町にいる“普通の人”はどんな人なのだろうか。1時間ほど粘って、2人の女性から話が聞けた。

「来週から本格的にリモートワークになるから、来週から出社しなくていいように処理してきました」。

俺の夜

「どんどん人がいなくなって、寂しいですね……」制作会社で働くAさんはリモートワークに備えて最後の出社をしてきたという

 朝から休日出勤したという会社員のAさんはお疲れモードだった。

 飲みに来たというBさんも浮かぬ顔だ。

俺の夜

「よくいくお店が潰れないように、少しだけ“応援”してきました!」ショップ店員のBさんは休業に入るお店の片付けをして、常連の店に寄ったが誰もいなかったという

「よく行く飲み屋さんが来週から自粛で休業だから、少しだけ顔を出しに来ました。でも、常連さんは誰もいなくて、お店は寂しかったですね」

 帰りしな、先ほどの呼び込みが声をかけてきた。

「取材、終わりましたか? 最後に一杯……ダメですかね(苦笑)」

俺の夜

歌舞伎町名物ののぞき部屋は営業していたが、休業要請を受けて14日から営業自粛に入るという

 さすがにね……。いつもなら、よし、行こう! と言うところだが、グッと我慢して帰路に就いた。

撮影/赤松洋太 取材協力/野中ツトム(清談社)

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー