人生初の女装は、酒以上に刺激的。禁断の扉の向こうの底なし沼にハマる!

 緊急事態宣言中、「酒なんて飲まなくても全然いい」などという声も耳にしたが、「本気か?」と思う。年を重ねれば、いろいろなことが見えてくるが、見えるからこそ辛いこともある。「こんなもんだろう」「いや、もっとできたはず」。いつだって現実はままならない。酒はそんな逡巡から、束の間、目を逸らさせてくれる。

「男は一生、修行だからさ」。30代の頃、悔し涙に濡れて管を巻く自分を、初老のマスターがそう諭した。深夜の酒場には、優しさが吹き溜まっていた。「君の男の器は、まだお猪口並みだな」「ほんと、そうですね」。笑い合ったあくる日、馴染みの別の店の扉を叩く。すると、こんな挨拶が飛んできた。

「あ、チョコちゃん! また、飲んだくれてたんだって~?」

 いつの間にか、酒場界隈で自分の名はチョコになっていた。いつだって現実はままならない。

女装で初めてわかる新しい世界と感覚!

 そんな厳しくも温かな酒場に通えないなんて、日本、終わってる……鬱々とした日々のなか、刺激と優しさを求めて新宿二丁目の女装サロンバー「女の子クラブ」を訪れた。

俺の夜「酒なんか飲むな? 上等! だったら新しい扉、開けてやんよ!」と入店すると、そこにいたのはたおやかな女子たち。カウンターで隣り合うゆらっこさんは、元スタッフで今も客として足を運ぶ、東大卒の才媛(?)だ。

俺の夜

東大卒のゆらっこさんは、学園祭の女装コンテストで初めて女装し優勝。「かわいいって言われると、すごく嬉しいです」とはにかむ

「会社にもお化粧して女装で行ってます。いまだに女子社員と勘違いされることもあるんですよ」

 日本、始まってた!「チョコさんも女装したらいいのに~」という甘い誘惑に乗り、スタッフのぬぬさんに身を任せる。

全部お任せで女装完成「アタシの夜」が始まる!

「ここで初体験の人も多いです。女装してくると安くなるから、結構ハマる人もいますよ」

俺の夜

自粛で10kg太り、マスクをいいことにヒゲも伸ばし放題。そんな中年が女装で生まれ変われるのか?

 メイクをしながら話を交わすが、顔が近い上にぬぬさんがやけに艶っぽくて緊張する……。そして、30分後、人生初の女装が完成。

「えー、めっちゃいいです!」

俺の夜

人生初のウィッグとメイクにつけまつげで、一夜限りの夢芝居。梅沢富美男に、俺はなる(左)最初に鏡を見た感想は「姉に激似!」。アンチダイエット派だったが、美の追求のためにはやらざるをえない(右)

 女子たちの声に、まんざらでもない気がしてくる。というか、男の服に比べて生地が薄い! 外気に身を晒している感覚があり、男に距離を詰められたら、ちょっと怖い。もし下着も女性用なら、なおさらだろう。女装して初めて知るリアルな女性の感覚。これからはもっと丁寧に接しなくては。

男の娘と過ごす甘くて非日常な夜

俺の夜 そして、3人で女子会がスタート。常々、「女子会なんて、何が楽しいのやら」と思っていたが……これがめちゃくちゃ楽しい! 服とかメイクの話とかめっちゃしたいし、もっとキレイになりたい自分が生まれつつある。

「底なし沼へ、ようこそ~」

俺の夜

ぬぬさん(右)とゆらっこさんは、ともにTwitterフォロワー数1万人超え。普通に飲むだけでも、もちろんOK

 2人の笑顔は、ある意味、酒より刺激的。担当初回からこんな忘れられない夜になるなんて。これでアルコールOKになったら、アタシ、一体どうなっちゃうの!?

女装サロンバー「女の子クラブ」
住:東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル4階
電:03-5357-7875
営:13~20時
休:年中無休
料:セット料金3000円(男性)、2000円(女性・女装含む)+ドリンク代700円~。
フルメイクサービスは4000円

※営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。店舗にお問い合わせください

撮影/髙橋慶佑

オチョコ 酒場で夜な夜な号泣し、ついた通り名がお猪口のチョコ。座右の銘は「バーは謝りに行く所」
オチョコの他の記事

新着記事

バックナンバー