まん防明けの特別な夜は美人ニューハーフと

 気づけば「まん防」も2か月。来週21日には、さすがに解除されるはず――そんな期待に胸を膨らませるも、ひとつ問題がある。「最初の夜をどう過ごすか問題」だ。

 たとえるなら、オナ禁一発目。間違っても、うっかり入った微妙な店で残念な夜を過ごしたくない。とはいえ、もう40代だ。アッパー系も違うし、かといって落ち着いたバーも違うし……。と、ここで天啓がひらめく。ニューハーフだ!!

俺の夜 コロナ禍で夜の店で働く女性たちへの風当たりは強かった。「不要不急」「昼間に働け」などと叩かれた。だが、世の中が変わりつつあるとはいえ、まだニューハーフが昼職に就くハードルは高い。履歴書には性別欄もある。この2年で畳まざるをえなかった店も多い。数少ない自分らしくいられる場所を奪われる痛みは、軽々に推し量れるものではない。

俺の夜緊急事態宣言下で、毎日チャリ漕いでました

 歌舞伎町で「bar REIKA」を切り盛りする篠崎麗嘉さん(31歳)は、20代半ばまで福岡で男性美容師として働いていた。

「自分が何者なのか、気づくのは遅かったですね。ただ、このままじゃ嫌だと思い立ったら、そこからは堰を切ったようでした。工場で女性ホルモン代を稼いで、歌舞伎町に来てから豊胸したり、一気に変わりました」

俺の夜

「新宿から始めても、沖に流されるみたいに港区のスカした住宅街まで連れていかれてしんどかった(笑)」とUberを振り返る

 イケメンから美女へ、瞬く間に夜の蝶として羽化した麗嘉さんだが、コロナ禍で店が開けられない間はUberで働いていたことも。

俺の夜「家賃だけと勘違いされるけれど、カラオケ機器のリース代や税金とかあって、小さな箱でもギリギリなんです。特にニューハーフのお店は深い時間に賑わうから、まん防は実質営業停止と一緒。私はまだしも、手伝ってくれていたスタッフのコは何の保障もないし、申し訳ないですよね。負けず嫌いだから、カラ家賃を払いたくなくて『チャリ漕ぐしかねえか!』と腹をくくったけれど、それでも最初にリュックを背負ったときは、少し泣いちゃいました(笑)」

若いコより30代のほうが美人ニューハーフは多い

 片や東京マラソンで何万人と集め、イベントの人数制限も解除される方向で、夜の店の我慢も限界が近い。そんな麗嘉さん、もうひとつ世間の風潮に不満があるそう。

俺の夜

美術学校出身のなじみのシェフが描いた麗嘉さんのスプレーアート。彼女の魅力がアート魂に火をつける

「最近、中途半端な女装が増えましたよね。中身は男だったり。否定するつもりはないけれど、ただ、キレイじゃないコが多くて。とりあえずメイクしたら女でもイケるとか、女扱いしてほしいって、それは性別を問わず図々しいじゃないですか。私自身は、キレイじゃない“オカマ”と一緒にされたくないって気持ちがあって、自分のことをゲイだと勘違いしてましたから。今はハードルが下がった分、雑なコが多い。周りを見ても、若いコより20代後半から30代のニューハーフのほうが美意識高くて、キレイな人が多いと思います」

俺の夜 こうして遊び好きを悩ます「まん防明け一発目問題」は、熟考の結果、「30代美人ニューハーフ」という結論に至ったところで私の夜もお開き。「ジュクしかやりませんよ?」というやさぐれを受け入れてくれたHデスク、取材先の皆様、同好の士である読者の皆様に感謝を込めて。また、新宿の片隅で同じ夜を過ごす日まで!

俺の夜

基本は麗嘉さん一人で切り盛り。店内はレトロかつシックで、中年には居心地がいい。女性客も多く、「4割くらい女性」だという

【bar REIKA】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-20-11 玉野ビル2F
営:21時~
休:日・祝
料:席料5000円(時間無制限、ボトル制、割りもの1000円)、飲み放題(焼酎・ウイスキー・割りもの)は90分5000円。
TEL:03-6233-8157
※詳細や最新の営業情報はTEL、もしくはinstagram(@reika.mika3

撮影/宮下祐介

オチョコ 酒場で夜な夜な号泣し、ついた通り名がお猪口のチョコ。座右の銘は「バーは謝りに行く所」
オチョコの他の記事

新着記事

バックナンバー