渋谷パセラの地下にコンカフェ発見!夢見る少女の姿に心が洗われた……

 いつだって渋谷には夢がある。多くの若者たちで溢れかえり流行の音楽が聞こえてくる。ここで10~20代の大半を過ごした僕も今は30代後半。次第に足が遠のくようにもなっていた。ただ、ふとした瞬間に、渋谷の青くさい空気を吸い込みたくなる。何者かになろうとする人たちを見ていると、すっかり落ち着いてしまった自分が、再び熱を帯びていくのだ。

俺の夜 少しセンチメンタルな気分で訪れたある日。マルイ前の通りを歩いていると、カラオケでおなじみの「パセラリゾーツ」に意外な“変化”が起きていた。

 インタビュー取材の際や、ときには女のコとのデート、コロナ禍ではテレワークにも利用していたのだが、そこにはライブエンターテインメントカフェ「まいふぇいぶ 渋谷店」の看板が。え、あのパセラがコンカフェをやっている?

“好き”を胸に抱いた初々しいアイドルたち

 階段を下ると、ライブハウスのような空間が広がっていた。バーカウンターの奥には本格的なステージやミラーボールが設置されており、フリフリ衣装の女のコたちが出迎えてくれた。

「ようこそー!」

俺の夜

写真左から、ゆづきさん、こむぎさん、風花すぐりさん。キャストはアイドルとして歩み始めたばかり。だからこそ、応援したくなる!

 同店のキャストは現役のアイドルはもちろん、目指しているコや憧れを持っているコたち。パセラリゾーツと、タレントの育成・マネジメントやイベント企画などで知られる「アソビシステム」がタッグを組んで昨年10月にオープン。マネジャーのゆんさんによれば、「“お気に入り”をテーマに、応援したり、語り合ったり、それぞれの“好き”を分かち合える場所」なんだとか。

コスパ良すぎて驚愕。無料ライブと絶品料理

 席に着いてメニューを開くと、まずはフードの充実度に驚いた。定番のオムライスはもちろん、酒の肴にぴったりなよだれ鶏のほか、ガッツリ系ではローストビーフ丼や黒毛和牛の肉寿司まである。実際にいくつか頼んでみた。肝心なのは味だ。よだれ鶏から口をつけてみると、山椒がピリリと効いており、思わず「うまいっ!」と唸った。すると、風花すぐりさんが説明する。

俺の夜

左上から時計回りに、よだれ鶏590円、ふわふわオムライス1190円、まいふぇいぶオリジナルドリンク990円、プチトー1390円

「ウチはちゃんとシェフが作ってくれて。じつは、まかないも楽しみなんですよ(笑)」

 いわゆる“コンカフェ”のフードのなかには「プチぼったくり」と感じてしまう残念なクオリティもあるが、同店は明らかにそれとは一線を画している。メシ目的だけでも通いたいと思えるほどだが、もちろんそれだけではない。

俺の夜本格的なステージでパフォーマンスを披露

 毎日ステージでライブが開催されており、無料で観覧できるというのだ。そこで、目の前で1曲パフォーマンスを見せてもらうことに。ゆづきさんは「フリを完璧には覚えていなくて……」と言うが、一生懸命な姿が胸を打つ。

俺の夜 まだレッスンを始めたばかりのようで、確かに粗削りではある。だからこそ、成長が楽しみなのだ。今後、店ではオリジナルのユニットなども打ち出していく予定とか。彼女たちは今、まさにスタートラインに立っている。こむぎさんが目を輝かせて言う。

「もともと声優の専門学校に通っていたけど、自分は何より歌って踊ることが好きだと気づいて。若いうちにやりたいことを全部やりたい。ここにいれば、すべて叶えられると思ったんです」

 僕はやっぱり、頑張っている若者を見るのが好きなんだ……。そして、そんな人たちを応援するような記事を書くことで僕自身も満たされる。この瞬間の感覚を忘れたくないと思い、チェキ撮影をお願いする。

俺の夜

チェキは1000円。2人でハートマークをつくると、爪先が触れそうになり思わずドキッ

 こむぎさんと2人でハートマークをつくる際、爪先が触れそうになりドキッ。彼女に目をやると、ニコリと微笑んでいた。帰宅後、お絵描きしてもらった可愛らしいチェキを眺めていると、不思議と力が湧いてくる。

俺の夜

別料金の500円でお絵描きもしてもらえる

 渋谷に来る意味は、大きい。

【まいふぇいぶ 渋谷店】
住:東京都渋谷区神南1丁目22-9 B1
電:0120-210-428
営:17~23時(平日)15~23時(土日祝)
料:60分1000円(※1ドリンクオーダー制)、飲み放題プラン60分3000円

※営業時間やサービス内容が変更になる可能性があります。最新情報は店舗にお問い合わせください

撮影/長谷英史

マエザワ エロ本出版社出身、元ギャル男雑誌編集者。無類の外国人好き。趣味は「夜の国際交流」
マエザワの他の記事

新着記事

バックナンバー