再開発で激変!シモキタの夜はガールズバーでテキーラ乱舞!

 住みたい街でも常に上位に入り、演劇とロックの聖地と言われるシモキタ(下北沢)は都内でも屈指のオシャレスポットだ。昼間は洋服や雑貨を扱う店に、夜は個性的な飲み屋に大勢の人が集まる。人が集まれば必然的に風俗も……となるのだが、ことシモキタにおいては、風俗とほぼ無縁の街だった。

 学生時代から都合17年、シモキタで飲んでいるのだが、知ってる限りではキャバクラとピンサロが1軒ずつあっただけ。なんでも噂じゃ街ぐるみでこうしたお店の出店を阻んでいたとかいないとか。そんなこともあって、シモキタは風俗と無縁の街として都内でも希有な繁華街としての立ち位置を確立したのであった。

 そんなシモキタが駅の地下化に伴う再開発で大きく変わった。ここ3年ほどは洋服、雑貨などさまざまな店の出店ラッシュが続き、夜の街も再開発……とばかりにこれまでになかったお店が続々と現れているのだ。そして気がつけばシモキタには10軒近くのキャバやガールズバーが出店し、戦国時代の様相を呈してきたのである。

飛び交うテキーラはシモキタの文化だ!

Lozeak

 まずはと飛び込んだのは、なじみの飲み屋の大将ご推薦のLozeakだ。こちらは6月にオープンしたばかり。働いてる女のコたちもノリがよくてオシャレでなんとなく“シモキタっぽい”ところがなんとも嬉しい。さらに嬉しいのはみんな20代前半でおまけに酒好きだということ。

「やっぱシモキタだから、ちっちゃいグラスとかやっちゃうの?」

 と聞けば、「どうぞ!」ってな感じで、飲み始めてそうそうにテキーラショット大会。

 シモキタには個性的なバーが100軒以上あり、毎夜多くの酔客が集う。そんなシモキタの夜になくてはならないものがある。それがテキーラだ。とにかく何かあればテキーラが飛び交うのだが、こちらのお店もそんなシモキタ文化をしっかり受け継いでいるようで、気がつけば女のコ相手にテキーラ勝負の開始となったのである。まぁ、相手は4人。言ってから後悔したのは言うまでもない。

 テキーラを次々に呷っていくわけだからこちらも女のコもボルテージがいきなり上がる。まぁ、テキーラ4杯も飲んでる身としては、これで盛り上がらなかったら正直ツラいんだが。

【後編】に続く⇒

【Lozeak】
東京都世田谷区北沢2-8-5 ANビル2F
電:03-5454-1282
営:19:00~翌5:00
料:月~木/オールタイム1h1000円 金・土/最初の1h1000円:延長1h1500円 ドリンク/生ビール800円など

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー