震災後、観光客の激減に喘いできた北関東温泉街にも復興の息吹【前編】

夜遊び復興”と称しては、被災した宮城&福島で野球観戦からの夜の街参戦という“男のゴールデンコース”を堪能していた先輩記者・苫米地。「ヤクルトが勝った夜に、スナックでお姉ちゃんに歌ってもらう“越冬つばめ”は最高だよ~」と下品な笑みを浮かべる燕党の彼を見て、「それなら俺だって夜遊び復興」と密かに取材候補を物色していたスギナミ。「建設作業員、ボランティア、自衛隊員。県外のお客が多くて都市部はかつてない繁忙期を迎えている」(苫米地談)とのことなので、向かうエリアは観光地。震災直後に観光客が激減したといわれる、栃木県・鬼怒川温泉に狙いを定めた。

宴会パックで攻める男のぶらり温泉旅

記者が利用した「シースルーコンパニオンプラン」(120分 1万8000円)。宴会パックの旅館は多いので探してみてほしい

「男の温泉旅行に『じゃ○ん』は不要!」とばかりに、ネットの検索エンジンには「鬼怒川 コンパニオン」と入力。宿の手配と同時に夕食時の温泉芸者(120分)も手配できる“コンパニオンパック”を選択。温泉街の夜は早いため、まったりコース料理に舌鼓を打っている余裕なんてないのだ。

 北千住から特急「きぬ」で北上すること1時間半。鬼怒川温泉駅に到着した僕と夜遊び仲間のS氏。大型観光ホテルを横目に歩くこと10分。手配済みの温泉旅館「K」に到着したのは午後4時を回ったあたり。夕食が始まる時間まで、まずは温泉で体を清めることに。
 大浴場にはすでにテカテカとした笑みを浮かべるオヤジ団体客がちらほら。この手のピンク宴会パック付きの旅館に“通常の温泉客”は皆無に等しい。この「居合わせた男どもがみんなコンパニオンとの酒池肉林が目的」というシチュエーション。韓国やマカオではメジャーな“サウナ滞在型ソープランド”で味わうような共闘感(ちょっぴり嫌悪感)を抱きつつ、部屋で決戦の時を待つことになった。

 午後6時半。夕食の膳がテーブルいっぱいに並べられる頃、白スーツ&ミニスカ姿のコンパニオン2人が登場。部屋の扉を閉めるなり、「失礼しま~す♡」とやおらスーツを脱ぎ捨て、シースルーのランジェリーに生着替え。股間のボルテージは早くも最高潮だ。

後編はこちら⇒

東京から約2時間。台風の影響もあり駅前は閑散としていた……


駅前には15軒ほどのスナックが点在している。フィリピン人ホステスが多いのも特徴のひとつだ


後編はこちら⇒

スギナミ 東京都生まれ。主な出没地域は中野、高田馬場の激安スナック。特技は「すぐに折れる心」
スギナミの他の記事