全盛期の歌舞伎町を彷彿とさせる活気に溢れる大宮の夜はキャバと外パブで豪遊

大宮

浦和はレッズ、大宮はアルディージャ。オレンジ色に包まれたアーケードの飲み屋は雰囲気も抜群!

「今、一番熱いプレイスポットを知ってっか? 新宿歌舞伎町なんて、大宮と比べたらお子様の街よ」

 と、飲みながら豪語したのは夜遊びの師と仰ぐ高校時代からの先輩。よほど大宮でイイ思いをしたのだろう、酔って上気した顔が普段の5倍は下品になっていた。

 そんな下品な顔を見せつけられたら、こちらも足を運ばなければなるまい。というわけで、大宮にいそいそとやってきたワケである。

 大宮駅東口、南銀座通りはキャバクラが40軒くらいあり、他にも100軒近くあるスナック、フィリピンなどの外国人パブがある。その賑やかな雰囲気は、元気な頃の歌舞伎町を思い出させてくれる。

 一方、「飲みの南銀」と呼ばれる南銀座通りとは対照的に、駅を出て左に行けば、埼玉県下のチ●コを一手に取り扱う、「ヌキの北銀」と呼ばれる北銀座。約20軒ほどのソープがひしめいている。

 そんな激戦区大宮で足を運んだのは、26年の歴史を誇る老舗キャバクラ、モダンタイムスだ。

キャバからソープまで揃う夜遊び天国

 テーブルに着いたのは、高校時代はダンス部だったというちなつチャン。聞けば、そのダンスを今でも続けていて、お店でショーも行うんだとか。

「7月4日から7月19日まで、キャストがダンスのショーをやるんですよ! 振り付けもプロの振付師の先生にお願いしてます」

 練習期間中は一日4時間近く練習するというから、かなり本格的である。続いて現れたのは、焼き鳥のボンジリをこよなく愛するまこチャンと、山形県が生んだスーパー美脚娘、さきチャンだ。激しいミニスカ&十数センチはあろうかという高いヒール。必然的に、座る彼女の三角コーナーには、見えてはいけないスカートの奥がチラチラと……。酒を呷るように飲み、コーフンをおさえつつアフターに誘ってみるが、「嵐のコンサートのほうがイイ!」とダメ出し。

 男に夢を見せつつ、はからずもパンツもチラリ。大宮のキャバクラの、もっと奥まで見てみたいと強く思ったのであった。

【後編】に続く⇒

モダンタイムス

地元大宮トークに花が咲く。地方のキャバはこうした“地元トーク”が何とも楽しい

【モダンタイムス】
埼玉県さいたま市大宮区仲町1-66-1 東京レジャービルB1
電:048-644-9764
料:60分OPEN~3000円、20:00~5000円、22:00~7000円 延長30分3500円 (※サービス料10%)
7月上旬に東京・六本木に系列の「The GLOVE」がオープン!

【後編】に続く⇒

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー