全盛期の歌舞伎町を彷彿とさせる活気に溢れる大宮の夜はキャバと外パブで豪遊【後編】

←【前編】はコチラ

隠れた外パブの名店を発見して思わず突撃!

大宮

路地裏には渋い小料理屋やバーが点在しており、呑べえにはたまらない

 アフターを断られて意気消沈した心を、赤提灯で一杯引っかけて慰めようと思い路地裏に入ると、白人の美魔女から声を掛けられる。なんと、ロシア人を中心としたパブなんだとか。ロシアと聞いて黙っていられるはずもなく、迷わず入店してしまった。

「ウォッカはサービス! ザナス(乾杯)しましょー!」

 と挨拶代わりに出てきたサービスウォッカを呷った辺りから記憶が曖昧に……。

大宮

フィリピンや中国など外パブも10軒以上あり外パブ好きは心躍るはずだ

 どうやって帰ったのかも記憶にないが、翌朝、寝ぼけ眼で食卓に着くと、嫁から「寝言でハラショー、ハラショーうるせぇんだよ!」とトーストを頬張りながら激烈なビンタを食らってしまい、二日酔いも吹っ飛ぶことに……。どうやら、かなりアツい夜を過ごしたことは間違いなさそうである。その証拠に財布の中身はわずか30円のみ。

 都内から電車で約30分。ロシアへ行くことを思えば、大宮は近いことこの上ない。小旅行がてらに大宮へと通うのが日課になりそうな今日この頃なのであった。

取材協力/高木先輩、野中ツトム(清談社) 撮影/赤松洋太

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー