第十夜 【前編】

危険なニオイを放つ池袋の夜の街。
安全な”ブクロの歩き方”を新提案!


【担当記者:ナカソネ】

 池袋といえば、違法就労外国人やカラーギャングなどが闊歩する危険な街というイメージを抱いている人も多いでしょう。数年前まで、ナカソネも南米系の立ちんぼ娘たちに夜回り先生のごとく説教をかましたりしてましたが、最近はご無沙汰に。そんな池袋に熱いガールズバーができたと聞きつけ、久々のブクロ降臨。安全で淫靡な”ブクロの歩き方”を考えてみました。まず、ここ『B-CAFE』は、チアガールのコスプレをした若いギャルたちとスポーツ観戦ができるというお店で、厳しい面接を通過した選りすぐりのかわいいコ48人が在籍。さくら、チューリップ、ひよこと、3つに組分けし、ゆくゆくはIKB48としてCDデビューも視野に入れてるとか。”ブクロ発のアイドル”と一緒に飲めるだけでなく、お友達にもなれる店なんです。チョリーッス!!

『B-CAFE』
住:東京都豊島区池袋2-47-1 富久新ビルB1
TEL:03-3988-3065
営:20:00~LAST
テーブルチャージ500円/10分で、2人以上は団体割引あり。しかも、TAXフリーの明朗会計
チョリ――ッスポーズが似合う彼女たちのなかには昼間は学生というコも多数在籍
http://www.ikb48.com/map.html

ypru10_1.jpg

■ガールズバーへの疑念を払拭する一体感!

 店内を見渡すと、黒板にギャルたちの手書きメニュー。この学園祭チックなキャピキャピ感が妙にそそります。

ypru10_2.jpg
 しかし、ナカソネ、常日頃からガールズバーには大いなる疑問を感じていました。だって、ギャルが隣に座って密着するキャバクラと違い、カウンター越しじゃ距離が遠過ぎ。ダメ合コンにありがちな「一体感がないYO!」ってことになりがちで……。そんな疑念を抱きつつ、プレミアリーグのマンチェスター戦をテレビ観戦。目の前にいたしょうこちゃんが「私、マンUのファンだから一緒に応援しよ!」と、俄然食いついてきた。ここぞとばかりに、テキーラのボトル(3000円)を注文。女のコと一緒に飲めるし、一杯500円のビールと比べてもかなりリーズナブル! 3人以上なら、飲み放題のパーティーコース(5000円~)でさらにお得なのだ。「俺のシェフチェンコをキミのマンチェスターに突き刺すYO!」なんて、サッカーヲタにしかわからない下ネタもすんなり受け入れられ、距離感も縮まって乾杯! 横にいたあいちゃんにもテキーラを振舞い、みんなで熱く応援&スポーツトークするという展開に。既存のガールズバーではありえない一体感はスポーツという共通言語があるからこそ。一味違うガールズバーに大満足した夜でした。




ypru10_3.jpg
チアガールの衣装というのも学園祭ぽくってグレイト


ypru10_4.jpg
左から、しょうこ(21歳)、あい(22歳)、なつみ(21歳)、こころ(23歳)
盛り上がったところで携帯の赤外線通信に成功





撮影/渡辺秀之(本誌)

ナカソネ 毎晩六本木に群がる元ギャル男。電子辞書は英語とスペイン語を搭載。夢は国際結婚。世界一の美女を探す旅に出るため、第七十八夜にて俺の夜チームから脱退
ナカソネの他の記事