第十八夜 【後編】



【担当記者:ナカソネ】

 調教プレイが終わり、カウンターで一杯。「縛られると私しか頼れないのよ。自由にさせるのも私にしかできないからね」と、イヴ様。たしかに、自由を奪われると身を委ねるしかありません。そこで感じるのが、妙な安心感と興奮。すでに従順な奴隷と化し、新たな自分を発見したナカソネでした。


yoru18_3.jpg
写真左の赤い首輪をはめた女性はM女のヨウコさん。
かいがいしく女王様をサポートする姿にはグッとくるものがある



 このお店の狙い目は20~22時くらい。開店すぐの時間帯はお客さんが少ないので、親身なSMカウンセリングを受けられかも?

「調教を期待してきちゃダメよ。ここはボンテージ・バーなの。昔、SMクラブにいたときは、お客さんに首輪をつけて街を散歩したりもしたんだけど(笑)」(イヴ)

 SMカウンセリングだけでも十分です! チョリ――ッス!!




yoru18_4.jpg
【ボンデージバー『Kedama』】
住:東京都港区六本木7-14-10 山室ビル6F
TEL:03-5411-8008
営:20:00~LAST(月~金曜)。
休:土・日・祝。
テーブルチャージは5000円/90分(税・サ30%別)で焼酎、ウイスキー、各種カク
テルが1000円~。
要予約。

女王様ふたりがプロデュースしたオット君の亀甲縛りバージョン(下写真)は商品化される予定。
尚、このお店はあくまでもバースタイルで、通常の営業中に調教プレイなどは一切ありません!

ナカソネ 毎晩六本木に群がる元ギャル男。電子辞書は英語とスペイン語を搭載。夢は国際結婚。世界一の美女を探す旅に出るため、第七十八夜にて俺の夜チームから脱退
ナカソネの他の記事