第二十夜 【前編】

不況が生んだ副産物!?
キャバ嬢のレベルがグ~ンとアップ!
夜の名古屋万遊記


【担当記者:テポドン】

 男児に生まれたからには、故郷に錦を飾りたいと願うのはごくごく普通のこと。名古屋を飛び出して早15年。帰省のたびに、次こそは帰郷の前に”凱旋”という枕詞を置きたいと願い続けているものの、いまだに新幹線乗車がささやかな贅沢となっているテポドンでおま。

 さて今回の夜遊びターゲットは、昨年末に「第二の派遣村ができるのでは?」とまで騒がれた名古屋。車が産業の中心な街だけに、不況という名の台風が直撃中の今、どんな変化が表れているのかは気になるところだ。

 名古屋駅に到着したのは午後4時を少し回ったところ。地元の友人との待ち合わせまで時間があったので、名駅裏のキャンパブで軽く遊んでおこうとしたんだが……。

 ない! キャンパブがない!

 栄華を極めた名古屋が誇る最強の風俗・キャンパブがないじゃないか! 高校時代に女から「来ないの……」と言われたとき以来の衝撃で思わず目眩がした。廃墟と化したキャンパブビルの前で立ち尽くし、地元の悪友・オカダに連絡すると、「逮捕! ヌキなし! キャバ! ない!」と、単語を連発されて切られてしまった。

 説明しておこう。キャンパスパブ、通称・キャンパブとは名古屋で大流行した個室型のピンサロのことである。安くて女のコの質が高かったことから、出張組が新幹線に乗る前に一発抜けると大評判になり、名駅裏一帯にキャンパブ村とも呼べる密集地帯ができあがっていた。しかし、そのキャンパブも昨年末に摘発が相次ぎ、村は壊滅。鞍替えしてキャバクラになったものの、抜きに慣れきったファンからは見放され、そのキャバクラも潰れたというのだ。

 まるで初恋の相手が不治の病で死んでいた……。そんな気持ちである。肩を落としてオカダと合流するために、名古屋一の繁華街、錦三(キンサン)こと、錦三丁目に向かった。



yoru20_1.jpg
yoru20_2.jpg
かつては新幹線乗車を控えたエロゾンビが大挙して
押し寄せたキャンパブビルも、今では空室が目立つ。
キャンパブで働いてたレベルの高いコが、デリヘルなどに
流れている






取材協力/響波速人

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事