第三十五夜【後編】



【担当記者:苫米地】

俺はクラブを握るのもほぼ初めて。ゴルフ歴の長い玲子ちゃんがスイングのコツやスタンスなどゴルフの”常識”を説明してくれる。「左利きでも大丈夫。元高校球児なら、すぐ上手くなりますよ~」なんておだてられ、調子に乗った俺。フルスイングは、羽川豊ばりの(古い?)見事なドライバーショットのはずが、ボールは斜め45度、巨人・篠塚も脱帽の”流し打ち”。コースだったらボールが幾つあっても足りない。一方、元テニス部の半パン王子ことO氏は伊織ちゃんのアドバイスのもとナイスショットを連発。拍手喝采を浴びているではないか!「いや~、センスっていうより伊織ちゃんにイイトコ見せたくて~」と赤ら顔で応える半パン王子。

 俺もコースをこなすうちにショットも安定。なんとかゴルフの形に。しかし、苦労したのはパター。ハニカミつつ披露した「スパイダースタイル」も空しくカップには遠く及ばず。「パターは距離感が実際と全然違うので慣れないと難しいんです」と慰めてくれた玲子ちゃん。彼女との距離こそ縮めたいのだが……。

 キャディの黄色い声援が拍車をかけ、ラウンドは白熱。画面の名門コース・ペブルビーチが遠く霞むスコアだったが、十二分に満喫。練習を積み、キャディの2人と「ゴルコン」を誓う俺だった。


yoru35_04.jpg

キャディフィーは1時間3150円。
クラブの選択、画面の操作からお酒のオーダーまでプレイをサポート


yoru35_05.jpg

他のブースにまでこだまするキャディの声援がちょっとうれしい

yoru35_6.jpg
【ゴルフサンクチュアリ広尾】
住:港区南麻布5-1-11 B1・B2
営:10~翌3時(木~土)、~翌2時(月~水)、~24時(日)
電:03-6408-9750 料:7350円~(60分 1部屋)
190坪の敷地に5ルームを設置。併設のバーが本格オープン。
プレイ後はキャディと会話も


協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/桜井健司

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事