「おちんちんの大きさとか気にしなくていいんですよ」――爪切男のタクシー×ハンター【第七話】

 終電がとうにない深夜の街で、サラリーマン・爪切男は日々タクシーをハントしていた。渋谷から自宅までの乗車時間はおよそ30分――さまざまなタクシー運転手との出会いと別れを繰り返し、密室での刹那のやりとりから学んだことを綴っていきます。

【第七話】「おちんちんの大きさとか気にしなくていいんですよ」

 社長のひょんな思い付きからスタートしたエロ動画紹介サイトの運営だが、その現状は過酷を極めていた。日中は我が社のメイン業務であるメルマガの編集作業、日が落ちた夜からは、セコセコとエロ動画サイトの仕事に取り掛かる。深夜三時頃に全ての仕事を終え、近所のスーパー銭湯でひとっ風呂浴びてから帰宅するというハードな毎日。エロ動画のダイジェストは時間にして三分程度で、それを一日五本程編集し、各動画の紹介文をおよそ二百文字で書く。ただそれだけの作業ではあるが、抑え過ぎず出し過ぎずという絶妙のバランスでエロ動画の見どころをまとめる作業は、繊細さと高い編集センスを要求される難しい仕事であった。おそらく、私が人生で一番真剣にエロ動画を観ていた時期ではないだろうか。

 来る日も来る日もエロ動画ばかり見ていると、セックスとは何なのか? 男性器とは何なのか? 女性器とは何なのか? 男と女とは何なのか? といった少し哲学的な疑問が私の頭をもたげるようになっていた。

 男なら誰もが一度は考えるであろう「もっと大きければな……」という切なる気持ち。短小仮性包茎の私も、中学生ぐらいからそのことでよく悩んでいたものだ。青春である。そんな私に転機が訪れたのは大学生の時に友達から聞いた「なぜ外国人は男性器の平均サイズが大きいのか?」という話。友達の話を簡単にまとめるとこうだ。「外人は寝る時にパンツをはかないで寝る人が多いらしい。なので寝ている間は、ずっと亀頭の先が布団に触れることで刺激される。その刺激で男性器が大きくなる」という話だ。私は思った。「この話は理に適っている」と。

 早速、その日の夜から私は全裸で寝ることにした。皮被りである私は、まず亀頭が寝ている間も露わになっている状態を作らねばならない。色々と策を講じてはみたものの、最終的には原始的な方法に落ち着き、剥けた状態で皮を糸で縛ることにした。縫い糸のような鋭利な糸だと皮に食い込んで痛いので、やわらか材質の毛糸で縛った。少し茶目っ気も忘れず縛り方はちょうちょ結びにする。期待に胸膨らませながら就寝したのだが、寝ている間に毛糸がほどけてしまって失敗であった。他に何か固定できる物はないかということで、ビニールテープや輪ゴムも試してみた。皮がきっちりと留まるには留まるのだが、男性器周りの血の流れまで止めてしまい、亀頭がどどめ色に変色してしまった。それならばと、園芸用の柔らかい針金で皮を固定してみる。支柱に巻きつきながら天高く育つアサガオのように、自分の男性器にらせん状に針金を巻きつける。出来上がった姿は、大仁田厚がデスマッチプロレスで使っていた有刺鉄線バットのようであった。あれほど大仁田厚のプロレスを否定していた私の男性器が大仁田の象徴でもある有刺鉄線バットになるとは皮肉なものだ。

次ページもう少しだけ私の話を聞いて頂きたい

この特集の記事一覧

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中