中国でセクシー系生配信が大躍進中!年収1500万円以上の配信者も

中国でも女性のセクシー系生配信サイトが急増している

中国でも女性のセクシー系生配信サイトが急増している

 中国で、個人による生配信がブームとなっている。人気配信者の多くは若い女性で、ポルノすれすれのセクシー動画を無料または有料で配信している。同サービス大手のyy.comは、’14年第1四半期の収益が30億円以上に達しており、前年同期比で187.2%増となっている。また、同サイトを利用して生配信を行うユーザーのなかには、1年で1500万円以上を稼ぐ女性配信者も存在するという(『環球網』8月26日付など)。

『新京報』(8月31日付)は、月に数十万円を稼ぐという人気女性配信者の一人に密着。個人配信者でありながら、2人のスタッフを擁し、さながら女優のような仕事ぶりにスポットを当てている。

 アメリカの華字紙『僑報』は、こうしたカリスマ女性配信者が誕生している理由として、人口の男女比が男性に傾く中国で、孤独な独身男性が増えていることを挙げている。中国では恋人のいない独身男性をターゲットにしたビジネスが『ホルモン経済』と呼ばれており、マンガやアニメ、オンラインゲームなどもこれに該当するという。中国在住のフリーライター吉井透氏は、ホルモン経済の盛り上がりの一因として、ある政策を挙げる。

「モテない男の“癒やし”といえば風俗だったが、習近平政権発足後の風俗一斉摘発(掃黄)により、風俗業界は大打撃を被った。店が激減したうえ、利用者が逮捕されるリスクも高い。そこで、合法的に女性に触れられる『代替風俗』が多数登場し、ホルモン経済の一躍を担っています」

 たとえば、北京市に登場した「ビキニ洗車」もそのひとつ。『中国網』(7月24日付)によると、このサービスは文字通り、ビキニ姿の若い女性が車を手洗いし、顧客は車のガラス越しに美女の肉体を堪能できるというものだ。料金は30分で約1万5000円だというが、かなりの盛況ぶりだという。

 北京市在住の日本車メーカー勤務・内田義隆さん(仮名・44歳)はほかの類似サービスを挙げる。

「最近、若いミニスカートの女性が自宅を掃除してくれる、『セクシー掃除婦』というサービスが密かに人気です。料金は1時間で3000円と相場の2倍以上ですが、知人の独身男性はこれにハマり、毎週呼んでいます。『性的サービスは一切なし』らしいのですが」

 掃黄では、売春業だけではなく、キャバクラやスナックも摘発の対象となったが、広州市の日系工場に勤務する長田幸弘さん(仮名・33歳)によると、業態を変えて復活する店も出てきているとか。

「私が通っていた店は、掃黄の後、苦肉の策として女装した男=『男の娘』を動員して営業を再開してました(笑)。中国では、女性が酒の相手をするのは禁止ですが、男性はOKだそう。意外なことにこれが今、流行っているんです。ほかにも、メイド喫茶に鞍替えした元キャバクラもある。酒を出さなければいいというわけです」

 掃黄のなか、焼け野原から新しい芽が育っているようだが、「トラブル孫悟空」の愛称でお馴染みの中国人ジャーナリスト・周来友氏はこう指摘する。

「これまでも中国の風俗は理髪店やサウナの看板を掲げて営業してきた。今はソフト路線でも、そのうち本番アリになるでしょうね」

 中国の風俗は永遠に不滅か!?

<取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中