ライフ

「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った【第27話】

俺【もしかして、白いスニーカー忘れてない?】 リー【あ、忘れた(涙)】 俺【大丈夫?】 リー【……うん、次の街で新しいの買うから大丈夫(涙) 知らせてくれてありがとう(涙)】 俺は少し考えた。 リーの本当の気持ちは(涙)という絵文字に表れてるんじゃないか? リーは俺に持ってきて欲しいと暗に言ってるんじゃないか? いや、本当は俺に会いたいから(涙)マークを送ったんじゃないか? 普通送らないよな、(涙)マークなんて。 いや送るか。 絵文字にそんな意味なんてないのか。 でも……でも……。 突然、俺の内部に熱い感情が湧きあがってきた。 「素直になれよ、リー。俺が心の扉を開けてあげるよ」 脳内iTunesが作動し、近藤真彦の「スニーカーぶる~す」が流れ始めた。 ♪ ペアでそろえたスニーカー 春夏秋と駆け抜け   離れ離れの冬が来る~ 俺は We Chatでメッセージを送った。 脳内ではまだ「スニーカーぶる~す」が流れ続けている。 ♪ 5分だけでもいいから 俺の話を聞いてよ   別れの電話取り~消せよ~ 俺【今、どこにいるの?持っていくよ】 ♪ ジグザグザグ ジグザグジグザグ 一人きり~ リー【え?大丈夫だよ。新しいの買うから」 ♪ 青春の手前で うらぎりはないぜぇ~ 俺【大丈夫。持っていく】 ♪ ジグザグザグ ジグザグジグザグ 二人きり~   このままでぇ~ 背中から~ ずっと~ 抱いて~ いたい~ リー【ありがとう。今、ヌワイラって村に向かってるバスです。今日はパークビューゲストハウスに泊まります】 ♪ Baby スニーカーぶる~す Baby この世界中 Baby 涙でびしょぬ~れ~ 俺【じゃぁ、そこに持っていくよ】 ♪ Baby スニーカーぶる~す Baby 俺たちはまだ リー【本当にありがとう。そこで待ってる(笑顔)】 ♪ Baby 青春知らずさぁぁぁあああ~~~ 黒柳さぁああーーーん! 俺は大至急荷物をパッキングし、白いスニーカーを小脇に抱え、ヌワエラ村行きの格安バスに飛び乗った。

白いスニーカーを抱え、ヌワエラ村に向かう

その直後、リーからメッセージを着信した。 リー【あ、でも、コロンボで知り合った中国人のお友達も一緒です】 ………そうなんだ(涙)。 でももう向かってるよ、リーーーさぁああーーーーん!
次のページ 
ヌワエラ村に到着すると
1
2
3
4
5
6
7
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事