ライフ

「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った【第27話】

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × 俺「大学生くん、ひとつお願いがあるんだけど」 日本人男子「何すか?」 俺「2人組の中国人が泊まってるでしょ。そのうちの小さいくて黒髪の女の子と2人で旅しようって話になったの」 日本人男子「はい」 俺「で、この後、そのこと切り出すから、さりげなくもう1人の女の子を誘い出してほしいんだよね」 日本人男子「え、でも、ごっつさんはかわいい子のほうと旅するんですよね? ずるくないっすか?」 俺「青年よ、君の人生はまだ長い。どうか、この哀れなおじさんのためにひと肌脱いでくれないか?」 日本人男子「ずるーーー。俺だってかわいい子と旅したいですもん」 俺「まぁまぁ。君はイケメンでかっこいい。チャンスはいくらでもあるよ」 日本人男子「……わかりました。このツケは高いですよ」 × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × 翌朝、俺とリーはバックパックを背負い、2人で宿を出ようとしていた。 俺「ティンティン、またどこかで! 日本に来たら連絡してね」 リー「ティンティンまた! 中国で会いましょう」 ティンティンはにっこり笑った。そして――。 ティンティン「一晩よーく考えてんだけど。……私、よく考えたら、山登り苦手なの」 俺「……」 リー「……」 嫌な予感がした。 ティンティン「やっぱり、あなたたちについていく」 俺「え……?」 ティンティン「荷物パッキングするから30分ほど待ってて!」 ティンティンはそう言って部屋に戻った。 俺たちはあっけにとられた。 女の執念は怖い。 すると、リーが俺の手を引っ張り、こう言った。 リー「ごっつさん、逃げましょ。少し異常だわ」 俺「そ、そうだよな」 リー「駅まで走りましょう!」 俺「うん。走ろう!」 2人はバックパックを背負ったまま、走った。 22キロの荷物は重いがそんなことは言ってられない。 走りながら、気がつくと二人とも笑顔になっていた。 リー「なんか悪いことしてるみたいで、楽しいね」 俺「うん」 リー「なんか泥棒みたい」 これは愛の逃避行に違いない。 リーは白いスニーカーで、俺はボロボロのビーサンで 笑いながら走り続けた。 そして、ティンティンを無事に巻き、スリランカ鉄道に飛び乗った。

鉄道ファンに大人気のスリランカ鉄道でエラ村へと向かう

2人を乗せたスリランカ鉄道は、エラを目指して走り始めた。 エラでは国連で働く才女ギチが待っている。 しかし、そんなことはどうでもいい。 それほど俺の恋心は燃え上がっていた。 花嫁探しには向いてないと思っていたスリランカで、 俺の恋の炎は激しく燃え盛り始めていた。 しかし次号、何度も引っ張って本当に申し訳ないが、「世界一周花嫁探しの旅」始まって以来の、旅の存続すら危ぶまれるほどの史上最大のメガトンピンチがついにほんとに間違いなく訪れる。そんな間近に迫りつつあるメガトンピンチの到来も、パッキングを終えて立ち尽くしたであろうティンティンの驚き顔も、愛の逃避行に舞い上がっていたこのときの俺は、まったく知るよしもないのだった――。 果たして俺の恋はうまくいくのか? 次号予告「マジでマジで訪れる! 愛の逃避行に舞い上がった46歳を待ち受けていた衝撃のメガトンピンチに一同唖然」を乞うご期待! ●後藤隆一郎(ごとうりゅういちろう) 後藤隆一郎IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。 ― 英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」―IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。ツイッターは@ikirudakesa インスタグラムはryuichirog
1
2
3
4
5
6
7
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事