エンタメ

ベッド・インが“ラップバージン”をサイプレス上野に捧げる――「成りアガりVICTORY」レコーディング&PV撮影秘話

ベッド・インが「ラップバージン」をサイプレス上野に捧げる――初体験だけに難しい箇所とかなかったですか?

まい:ちゃんまいは《ケーオツケーオツ ションテンガリアー!》が難しかったかも~! なにかの呪文みたいになっちゃってゲロゲロ~(笑)。けど、サ上さんにつんく♂さんばりのご指導をいただいて何とか形になりました!

かおり:わたしはサビのアレンジ関係が一番時間がかかったかも~。今回サビメロのハモりもその場で考えて挿入したので……あと曲の最後に突然フェイクで歌い上げるところ……! アソコも「思いつきなんですけど、ちょっと挿入してみていいですか…?(ハート)」って実験的に何度も録り直させてもらったりして……。

上野:あれ気持ちよかったよ。いいぞ、もっとやれ! って思って聴いてた。

かおり:ならよかった、安心パパ~(ハート)

まい:ちゃんまいのイイ所にもキマくりやがってたゾ(ハート) 「かおりさん、♪ダラッタッタって挿れてぇ~!」って下のおクチから涙のリクエストしたり(ハート)

上野:《早く持ってきて 飲みモン》はちょっと苦戦してたね。

かおり:ああん、そうだった~!アソコ、難しかったですね~。言葉を放つ時にリズムだけじゃなくて、ニュアンスを重視するっていうのがなかなかできず…歌とは違う初めての感覚でした!

上野:乗せるだけじゃなくて、抜くところは抜くっていうか。

かおり:サ上さんに優しくハウトゥしてもらった結果、ABCDE気持ちなところで無事にヌくことができました……(ハート)

まい:手取り、足取り、腰取りで……ヌキつヌカれつ(ハート)

上野:ガチガチにうまくならないようにね。「何だこれ? 違和感あんぞ」くらいのほうが絶対にいいんで。

まい:お客さんや関係者の方に「処女っぽく聞こえた!」って初めて言われたんです(ハート)

上野:ちょっとたどたどしくて、慣れてない感じね(笑)。

かおり:そうそう! いつもはタカビーにドヤ顔で歌い上げてるので「この曲は隙が見えていい……!」とか言われちゃったりして……セキメ~ン///

まい:全体的に強めでグイグイな曲が多い中にライク・ア・ヴァージンなおキャンでカワイイ部分をチラ見せできたのかもしれないです!

――違う魅力を開いてもらっちゃいましたね。

かおり:はぁ~ん(ハート) おっ広ゲーションしてもらっちゃった! ウチら、すぐ開いちゃうから…///

まい:ご開帳~ってか!?(ハート)

上野:早めにズッポシ入ったし、感度もよかったですね。

かおり:んもう、相性グンバツ~(ハート)あとわたし、サ上さんの《いつか弾け飛ぶだろバブル それまでは死ぬ気で弾けろ》以下のパートがDA~ISUKI!なんですよ! トッポくて、男闘呼(おとこ)らしいのに、ちょっぴり切なくて……ハッとして、グッときちゃう!

上野:結局、俺は誰なんだっていう(笑)。二人と待ち合わせて、二人をめっちゃ肯定して、最後ビシッと締めて。何役なのかよくわかんない。

まい:バブルの守り神ですよ!(笑)。あのサ上さんのパートがなかったら、ただのア~パ~ソングなんですけど、ちゃんとこの曲に意味を持たせてくれたというか。本当にガ~サスだなって(ハート)

かおり:レコーディングでもサ上さんの録りのときは二人で「キャ~かっこいい(ハート)」ってずっと喘いでたよね!《抱きしめてる? Are you alright?》って言われた瞬間、「ぶっしゃー! 下半身のダム決壊!」みたいな(笑)

まい:そうそう!んもう、下のダムが決壊してサ上さんの村ムラも水没させちゃいそうでしたヨ!

上野:キャーキャー聞こえてくるんで「うっせえ!」とか思いながら歌ってました(笑)。

次のページ 
PV撮影中にボッキしたロベルト吉野

1
2
3
4
RICH

お騒がせ中のバブル系地下セクシーアイドルがまさかのメジャー・デビュー!


成りアガり VICTORY

ベッド・インがラップに初挑戦!




おすすめ記事